育児

2014年12月 4日 (木)

働くママを応援

 子供を保育園に送り、仕事を切り上げて迎えに行く。
 子供が病気になれば仕事を休んで医者に連れて行く。

 あるいは、働きたいのに子供を預ける場所がない、とか。

 ああ、ちゃんと仕事がしたい、て言うじゃなーい。

 

 ふと、思ったわけだ。

 ああ、ちゃんと自分で子育てがしたい、
 とは言わないのかしらん。

 ちゃんと子育てがしたいという考えはないままに、
 子供がどこからかやって来たのかしらん。

 実に不思議である。

 世話をしてくれる人がいれば、子供は大きくはなるかもしれんが、
 親子って何じゃろうね。

 女性ばかりが割を食うのはいかがなもんか、という人もいるかもしれんが、
 子育ては損得じゃない気もするし。

 母乳が出るのは女性だし、
 他の多くの動物を見ても母親がメインで子育てをするというのは
 自然な考え方のような気もする。

 父親が知らん顔でいいとも思わないが。

 女性を応援するのもいいけど、

 子どもが何も言わないことをいいことに
 子供自身がどう育てられたいか、とか、

 子供の幸せのためにどういう育て方がいいのか、
 という視点が欠けていると思う昨今である。

 

2013年9月21日 (土)

おぼえがきっ!No.3

 私は臭いんです、と告白してるようなものだ。やたらと香りをつけて歩き回るということは。この香りがないと私は臭いんです。ですから不快でしょうが、この柔軟剤や香水の香りを我慢してください。もしこの香りがなければ、もし私の臭いを直接かいでしまったら、不快どころの騒ぎでは済まないのですから。

 自分にとって快適だと思うにおいも、自分にも有害であるし、他人にも有害である。つまり公害である。においに何が含まれているか知ってるか? くさいやつらめ。

 私はそれほど臭くないわよ! と言うのなら香りつきの柔軟剤やらキツイ香水のの類はやめた方が身のためだ。

 おっと覚書だった。

 『柔軟剤のにおいで「体調不良」 数年で相談急増』
2013年9月20日(金)16時40分配信 J-CASTニュース
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-184351/1.htm

『   洗濯時に使う柔軟仕上げ剤のにおいで体調不良を訴える相談が急増していると、国民生活センターが2013年9月19日に発表した。

   「柔軟剤のにおい」に関する相談件数は08年度には14件だったが、12年度には65件まで急増した。65件のうち41件は体調不良を訴える内容で、「柔軟仕上げ剤を使ったら、せきがとまらなくなった」「隣人の洗濯物のにおいがきつくて頭痛や吐き気がする」といった相談が寄せられている。

   柔軟剤は、香りの強い海外製品が2000年代後半にブームになり、以降、国内メーカーからも芳香性にこだわった商品が展開されている。国民生活センターでは相談増加を受け、「自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあるということを認識しておきましょう」と消費者に呼びかけている。』

2011年9月 5日 (月)

またも、「みんなで被曝しよう」

『原発事故で放射性物質に汚染されたがれきや土壌の最終処分場について細野環境大臣は4日の会見で「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」と述べ、福島県以外に設けたいという考えを示しました。』
http://www.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055362251.html
という「君たちも被曝しなさい」発言は
観測気球と思われ、反対の声が多ければ、
実行しないはず。

細野とか民主党とか総務省とか官邸とか
に反対の声を届ける。

2011年9月 1日 (木)

子孫の負担もOKだろ

子孫に負担させちゃいけないから増税とか
言っちゃってる人がいるようだけど。

復興財源のことさ。

復興してさ、子々孫々まで、誰もが喜ぶ
街づくりをすれば、何も今の世代だけで
すべてを負担する必要はないと思うがな。

全国民で、時代を超えて(何代か後まで)
少しずつ負担すればいいんじゃないの?

その方が結果的に大金を投入できるはず。

増税すべしと声を大にしてる人は、
他の目的があるのだろうね。

一時的な消費税アップとか言っちゃっても、
一時的ではすまなくなるよ、きっと。

お役人も政治家も自分たちの都合で使える
お金を増やしたいのだし。
そういう生き物のようだからね

大企業の経営者たちは、
これをいいチャンスとばかりに消費税を上げさせて
法人税を引き下げさせたいのだし。

日経新聞をはじめとする、企業スポンサーの
言いなりなマスコミは片棒担いで、
消費税アップを叫ぶのだろうな。
そして知らないうちに法人税が下がってるのさ。

国民の何割もが増税を受け入れているなんて、
マスコミの作り話かもしれないよ。
そんな報道を見て、
「増税は仕方ないのかなあ」なんていう
ノーテンキなオヒトヨシは誰だい?

2011年8月30日 (火)

間違いなく多くの子供を死に至らせるだろう

地獄の福島
http://www.youtube.com/watch?v=5n_3NK-tsOU

ドイツのテレビ番組。
コンパクトだが充実した内容。
本記事のタイトルは番組中にあった発言。

2011年8月28日 (日)

汚染の拡散はこれからが本番か―その2

汚染セメントが出回る。
日の出町も汚染されるだろう。

http://www.toseishimpo.co.jp/modules/news_detail/index.php?id=657
の引用。
『日の出町と循環組合/セシウム焼却灰で協定/8千ベクレル以下は再利用
 多摩地域のごみ焼却施設17カ所と都環境局は、17日までに主灰や飛灰などに含まれる放射性セシウムの濃度測定結果を公表した。これを受け、日の出町と東京たま広域資源循環組合は19日、エコセメント化施設で受け入れる焼却灰の放射性セシウム濃度を1キログラム当たり8千ベクレル以下にするなどの特別協定を締結した。循環組合は、「8千ベクレル以下であれば、製品段階で問題はない」としている。

「都政新報・電子版」(http://www.tosei-d.com/)にご登録頂くと全文をお読み頂けます。』

要は、多摩地域のごみ焼却施設17カ所から出る
焼却灰を日の出町にある東京たま広域資源循環組合
に運んでセメントにするよ、ということのようだ。

東京たま広域資源循環組合では何をするのか?
http://www.tama-junkankumiai.com/eco_cement/process/index.html
を見ると
『焼却灰等は、乾燥、鉄・アルミニウム類の回収、粉砕などの前処理を行い、副資材(石灰石、鉄原料)を添加し、エコセメントの原料として調合されます。調合されたエコセメント原料は、焼成してセメントの中間製品であるクリンカになります。これに石こうなどを加えて、粉砕し、エコセメントが出来上がります。
エコセメントの製造工程で発生する排ガスは、排ガス処理設備で適正に処理され、大気放出されます。また、排水は、重金属回収設備で有用な金属産物が回収され、適正に処理した後、下水道に放流されます。』
と書いてある。

放射性物質を処理するための施設ではないから、
『乾燥、鉄・アルミニウム類の回収、粉砕など
 の前処理』段階で周囲に撒き散らされる
可能性はある気がするし、
排ガスや排水には放射性物質が含まれることに
なるだろう。

それに
『循環組合は、「8千ベクレル以下であれば、
製品段階で問題はない」』
と言ったところで、そんなセメントが使用
される街や建物で暮らしたくはないわけで。
学校や病院にも使われるかもしれないし。
製品段階で何ベクレルになっているのかもわからない。

おせんはいかがですかあ

きゃらめるなら、いただきやしょう

汚染の拡散はこれからが本番か―その1

本日スーパーへ行ったら千葉の新米が並んでいた。
が、とりあえずは米のことではなく、
稲の茎とか葉の行方である。

新米は
http://www.pref.chiba.lg.jp/annou/h23touhoku/documents/230826hontyousa.xls
を見ると、
『注)「検出せず」とは、放射性物質が存在しない、又は定量下限値未満であることを示す。』
『【定量下限値】    放射性セシウム134: 20ベクレル/kg  放射性セシウム137: 20ベクレル/kg』
と書いてあり、
検出されなかった市町村が公表されている。
 
ということは米にはセシウムの134と137を
合わせて40ベクレル/kg含んでいる可能性はある。
(正確には40未満だから40をちょっと下回った
 数値が最大になるだろう)

もしいくらかでも米にセシウムが含まれている
ならば、稲の茎や葉にはもっと大きな数値の
セシウムが含まれるわけだから、
その処理方法が重要になる。

http://jssspn.jp/info/secretariat/post-15.html
から引用すると
『可食部へのCsの移行が少ない場合であっても、稲ワラ等の非可食部の処理をどうするかは重要な問題である。例えば、イネの場合、白米とそれ以外の部位のCs存在比率は7 : 93との報告がある(Tsukadaら, 2002b)。非可食部の家畜への給与、堆肥化、鋤込み、焼却等の処理により再び放射性Csが食物連鎖を通じて畜産品に移行し、あるいは農地に還元される等の可能性がある。第一義的には放射性Csの吸収抑制対策の確立が重要であるが、非可食部の処理についても考えておく必要がある。』
とある。

つまり白米に40ベクレルなら
他の部分には約530ベクレルということになるのだ。

また牛に食べさせれば大変なことになるし、
燃やせば大気に拡散する。
そのまま肥料にすれば、肥料を使った土地の
放射性物質が増える。

新米が店頭に並んでいるということは、
たくさんの茎や葉っぱが刈り取られている
ということでもある。

森田君、どうしてるんだね?

2011年8月27日 (土)

ガン保険と野菜

先日書いた
『やっぱりガン保険は』
について。

『hosshyan ほっしゃん。
生命保険会社に勤める知人が、「最近、ガン保険のCMがなくなったと思わへん?」と。理由を訊いたら、外資系には共通の資料が回って来て、原発事故後のガンの発症率が上がったので売り止めがかかってると。特に0~6歳の子供達の被爆が指摘されてて、北海道~関西圏が汚染地域として指定されてると。』
http://twitter.com/#!/hosshyan/status/106572842556080128

を引用したわけだけど。

これは、
保険会社は『北海道~関西圏』の農産物も影響を
受けていると判断している、
そう考えた方が良さそうに思える。

保険会社だから、損をしないようにいくらか
余裕のある範囲設定をしているのではないか
とは思うけど。

2011年8月26日 (金)

生涯100mSvのパブリックコメント

22日にも書いたけど明日が締め切りだ。

奥多摩のセシウムあるいは東京都の水道水

8月19日に発表された、8月18日付の
『東京都による都内産家畜ふん堆肥の放射能検査(第5報)について』
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8j200.htm
を見ると

『検査した結果、1検体((4)参照)を除き暫定許容値(400Bq(ベクレル)/キログラム)未満であった。』
とある。
つまり1検体は暫定許容値を超えたということ

そこで
※別紙 都内産家畜ふん堆肥の放射能検査結果(第5報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8j201.htm
を見ると
数値が検出された検体はいくつもあるようだが、
最大値は奥多摩町の鶏ふん堆肥で
890Bq(ベクレル)/キログラム

と許容値の2倍以上。

この第5報では
『(4) 暫定許容値を超えた1検体について
 奥多摩町の堆肥1検体が暫定許容値を超えた。この堆肥はおがくず、落ち葉、土等に鶏ふんを混合したものである。なお、この堆肥は自給用であり、流通はしていない。』
と報告されているのだが、原因は鶏なのか、
おがくずなのか、落ち葉なのか、土なのか、
特定していないらしい。

しかも
『この堆肥は自給用であり、流通はしていない。』
とあるので安全かと思いきや、この堆肥の持ち主が
自分の畑で作ったものを流通させることは止めら
れていないということだ。

気になった人は先のURLに問合せ先が書いてある
ので、確認してみよう。

本題はここから。
この奥多摩の件、もしセシウム汚染の原因が
おがくずか落ち葉か土で、それが奥多摩の
ものであるなら、奥多摩はちょっと
やばくないか?
 ということ。

参考までに第1報から比較的数値の高いものを
拾い出してみると
(第1報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8c201.htm
の中で数値が高いのは
あきる野市の77、日の出町の61。

(第2報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8f301.htm
の中で数値が高いのは
青梅市の190。

(第3報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8g301.htm
の中で数値が高いのは
青梅市の112。

(第4報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8h201.htm
の中で数値が高いのは
青梅市の146と149、
あきる野市の75。

(第5報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8j201.htm
の中で数値が高いのは
奥多摩町の890、羽村市の280、
世田谷区の140など。

世田谷を除けば、
奥多摩町とその近隣市町村から検出されて
いるのだ。
しかも奥多摩町の検査は、この890以外には
行われていない。
そして追跡調査も追加調査も予定されていない。

さらに昨日付けで
独立行政法人国立環境研究所が発表した
『東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の 大気中での挙動に関するシミュレーションの結果について(お知らせ)』
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2011/20110825/20110825.html
の下の方の画像、
『図3.平成23年3月11日から29日における、モデルで計算されたヨウ素131とセシウム137の積算沈着量(上図)と平均濃度(下図)』
を見ると、
奥多摩あたりのセシウム137の積算沈着量は
やや高くなっている
のだ。

奥多摩は水源地!

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ