映画・テレビ

2013年9月21日 (土)

おぼえがきっ!No.2

 都合の悪い奴は、でっち上げで逮捕に限るらしい。

 どうなることやら。

覚え書いておく。

『みのもんた次男逮捕に原発がらみの陰謀論?』
2013年9月17日(火)18時10分配信 ゆかしメディア
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yucasee-20130917-13651/1.htm

『 司会者みのもんたさん(69)の次男が窃盗未遂の疑いで警視庁に逮捕された件で、原発がらみの「陰謀論」ではないか、との見方が出ている。

 路上で泥酔していた男性のバッグを奪って、キャッシュカードを抜き出して東京・新橋のコンビニの自動引き落とし機でお金を引き出そうとして、窃盗未遂の疑いで逮捕されている。

 まず事件について「みのもんたの次男じゃなきゃ報道しないし(警察からの)発表もない」と全国紙デスク。さらに続けて「どうも男性のバッグを本当に奪ったのかどうかハッキリしないようだし、わざわざ人のカードを無断で使うほど金にも困っていないだろうし…。また、陰謀論とか言い出す人も出始めるのかもしれないけど」とする。

 しかも知人が見ているかもしれない会社の近くで犯行を行ったり、供述では犯行を否認したり、いまだに謎が多く残る事件ではある。案の定、陰謀論が早くもインターネット上では出ているのだが、もうひとつ偶然にもある出来事とタイミングが重なるからではないか。

 文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」では、10月(月内のいずれかの土、日曜日)に福島第一原発4号機の建屋内に入る取材許可を得たために、行ってくると語っていたのだった。

 知ってのとおり、4号機には、使用済み核燃料棒1533体がプール内に置かれ冷却されている。原子炉1~6号機の中で事故発生当初から最も懸念されていた炉であった。現在は補強がなされたが、当初は建屋が傾いており、海外メディアからも最も厳しい報道が相次いだのが、この4号機だった。

 みのさんはラジオで「(東電が)「危険だからダメ」だというけど、目で見たものをレポートさせてくれと頼み込んだら、いいですということになったので、行ってみてきますよ。10月の土日にスケジュールが一番良い時に」と語っていた。

 他にも「オリンピックには6000億円使えても、汚染水の処理には470億円? どう感じますか」と発言したり、「朝ズバッ!」の中でも東電役員が出演した際にも厳しく迫ったり、参院選前の各政党の討論会でも、司会者という中立の立場を忘れて反原発寄りの番組進行をしたり、明らかに主張は反・脱原発だった。

 昨年、週刊東洋経済が東電の特集「東京電力 偽りの延命」を行った後に編集長が、山手線の列車内で酒に酔って女性の体を触ったとして、ちかんの疑いで逮捕されている。

 この編集長をよく知るという人物は「●●君はよく知っているが、酒も飲まないし、そんなことあるはずがない。会社としてもそれはわかっているだろうから、会社は彼をサポートしていくと聞いている」と当時話していた。

 今年に入ってからは、山本太郎参院議員が、離婚、隠し子とネガティブな出来事が続出し「計り知れない大きな力が働いていることをハッキリ感じる」とも述べている。

 みのさんの場合にしても真相はわからないが、次男の事件があまりにも不可解な点と、4号機の取材の直前というタイミングが、世間から「陰謀論」という疑惑の目を向けられるきっかけとなっていることだけは間違いないだろう。』

2013年9月20日 (金)

おぼえがきっ!

 基本的にオオコシの姿勢は茶坊主あるいはタイコモチで、時の政権をヨイショ。それ、ヨイショ!

 人々から集めたお金で仕事をさせてもらっておまんま食わせてもらってるのに、仕事上の経験を本にして金儲けという立派なタイコモチ。ひょっとして印税は被災地に寄付してる? ネットで検索してみたが寄付している様子はないなあ。

 おっと覚書だった。

『参院選直前のNHKニュース 安倍政権の顔色うかがう?“不自然な報道”』
(GALAC 2013年10月号掲載) 2013年9月17日(火)配信
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/galac-20130917-01/1.htm

『■なぜ公示日2日前に「非公式な協議」を放映?

 参院選が公示される2日前の7月2日。NHK「ニュースウオッチ9」は、6月にイギリスで行われたG8サミットについて「NHKが独自に入手した映像」を放映した。安倍首相とオバマ大統領との「非公式な話し合い」の映像で、音声はなく、安倍首相が歩きながらや立ち話でオバマ大統領と何やら話し合っている映像が長々と放映された。

 イギリスでのG8サミットに関しては、これまでのサミットで当然のように前後に開かれてきた公式な日米首脳会談が実現しなかった。恒例の公式首脳会談が開かれなかった理由は、日本側が切望していたものの、アメリカ側が安倍首相の歴史認識発言で不信感を抱いた、とか、日本と微妙な関係にある中国政府に配慮した、などさまざまな憶測が飛んだ。公式会談が開かれなかったことは野党が首相を攻撃する材料にもなった。

 この夜の「ニュースウオッチ9」で大越健介キャスターは、「公式な首脳会談は行われませんでしたが、安倍総理大臣がオバマ大統領と突っ込んだ意見交換を行う様子が映し出されています」と映像を紹介した。

 首脳2人が立ち話する無音の映像に合わせて、解説のナレーションが入る。最重要課題のひとつである尖閣諸島問題について、安倍首相が「中国の要求には応じられない」と発言したとみられると説明する。安倍首相は中国への対応についてオバマ大統領とこれまで電話会談でやりとりしていたが、今回、顔をつきあわせて改めて意思を伝えた、などのコメントが入った。

 帰国後、公式の首脳会談がなかったことを国会で野田前首相が批判する映像も使いながら、安倍首相の「オバマ大統領とは強い信頼の絆で結ばれており、会談の長さや形式にかかわらず十分な意思疎通ができる関係」だという答弁が強調された。

 VTRの後に大越キャスターは「公式な会談を行わなかったことで野党側は厳しく批判しています。一方で、安倍総理大臣は十分に意思疎通はできていると反論していました」と両論併記で伝えた。

 問題の入手映像は報道陣が入れない会議場内の映像なので、撮影したのは首相官邸か外務省のスタッフ以外にありえない。 NHKは、同行した官僚か、官房長官、官房副長官ら政治家から手渡されたはずだ。「独自に入手」は政権によるリークだったのだ。

 締めコメントで「2人の表情を含めて真剣なやりとりの様子が伝わってきたのは初めてです」と胸を張った大越キャスター。正式な首脳会談はなかったにせよ、首相は見えないところで真剣に仕事をしていました、と言わんばかりだ。 政権の「言い訳」をNHKニュースで代弁する形は「権力に利用された報道」の典型だ。

 しかも放送されたのは選挙公示日のわずか2日前。公式会談がなかったことへの野党の批判に対して、首相の言い分をアピールする報道になった。表現も「真剣なやりとり」「突っ込んだ意見交換」と肯定的な形で伝えていた。

 だが、外交的にみれば、非公式会談はあくまで非公式にすぎず、国家間の文書記録にも残る公式会談の重みとは比べものにならないことは報道記者なら承知しているはず。そんな非公式の話をことさらに肯定評価したのには、何らかの「意図」が働かなかったのか。

 なぜ、このタイミングで放送したのか。政権がこの映像をリークした思惑は想像できる。しかし、やすやすとそれに乗るテレビ報道でよいのか。そんな危うさを理解できないはずはないのに、大越健介キャスターが平然とした表情で伝える様子にも驚いた。

■「ねじれを解消するかが争点」とニュースで強調

 参議院選挙の公示から投票日までの選挙期間中、NHKのニュースがスタジオのリード文で多用したのが「ねじれが解消されるかが焦点」というフレーズだ。たとえば、投票前日の7月20日(土)の「おはよう日本」。キャスターによるリード文は「第23回参議院選挙は、自民・公明両党が参議院でも過半数を獲得し、衆参のねじれが解消されるのかを焦点に明日投票日を迎えます」。見ている側は「ねじれが解消されるか」と言われると、「解消されるのがあるべき方向性」だと理解するのが大方だろう。こうしたフレーズは、視聴者を誘導することにつながりかねない。

 新聞ではミスリードをしないように「ねじれ解消が争点」などという見出しは避けた社があった。一方、NHKではこうした配慮は働かなかったのか。むしろ政権の意思をおもんぱかった意識的なものだったのか。

 投票日前の平日としては最後となった7月19日(金)。民放各局は夕方と夜のニュースで参議院選挙について報道していたが、NHKは「ニュース7」でも「ニュースウオッチ9」でも参議院選挙に触れなかった。スポーツも芸能ネタも入れているのに選挙にはまったく触れない。報道した民放との対比は著しい。

 参議院選挙の結果として「ねじれ」は解消され、安倍政権の思惑どおり、衆参での与党の安定多数が成立した。だが、NHKのニュースにはこれまで触れたような不自然な点、疑問な点が存在する。同じテレビ報道の経験者としては、組織的に意図した放送だったなどとは考えたくない。だが、何らかの「気づかい」が作用したという事情はないのか。釈然としないものが残る。NHKはこうした報道で問題がなかったのかを検証し、可能な限り経緯を公開すべきだ。「独自に入手した映像」についても。

 政治に関する限り、NHKのニュースは公正・中立を装いつつ、背後になんらかの意図を感じることがたまにある。視聴者はよくよく注意しながら見たほうがよい。

みずしま・ひろあき 法政大学社会学部教授(テレビ報道論)。元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター兼解説委員、札幌テレビ・ロンドン特派員、ベルリン特派員。』

2013年6月27日 (木)

家族が犯罪者

 最近テレビニュースを見てて思うのだけど、例えばAが犯罪を犯した場合に、Aの親のところにマスコミが取材に行ったりしていて、アタシは驚く。Aが未成年で親と同居しているのなら親にも責任はあるのかもしれないが、Aが成人していて、場合によっては中高年になっていて、親とも別居していて、下手したら何年も親と会ってないようなケースでもマスコミは取材に行ってる気がする。しかも、犯罪の背景を見つけ出そうというわけでもなく、なんとか親に謝らせようという態度でマスコミは強気に出たりする。マスコミは偉いのだな、きっと。年老いた親をつかまえて、偉そうにふるまって喜んでるんだな。親の顔を全国放送したりして意気揚々!

 マスコミに押しかけられた親も「もう成人してるんだし、知るか!」とか言っちゃえばいいのに、平身低頭謝っていたりする。気の毒至極。

 親は成人した子供の責任をどこまでとるべきなのか? もし子供が成人していても親に責任があるのなら、この親を育てた親の親、Aの祖父母にも責任があろう。そして祖父母の親にも責任があろう。マスコミは先祖代々のお墓にでも取材に行ったらどうだかね?

 逆に親が犯罪者になったらどうなんだ? 子供の責任を追及するべきなのか? 気の毒がられるべき立場ではないのか? ましてや一緒に暮らしてもいない親の犯罪なら、どこに責任があるのだ? 犯罪を防ぐ術があったはずだとでもいうのか?

 親であれ、子であれ、犯罪の片棒を担いだのでなければ、血がつながっているというだけで責めるべきではないと思うのだが。別の人格なのだよ。

 得意気に親あるいは子を非難する人もいるようだが、たぶん頭が江戸時代なのだろう。5人組制度が頭から離れないのだ。

2013年6月26日 (水)

基準ってあるの?

テレビニュースを見ていて不思議に思うんだけど、犯人とか容疑者の顔が映る場合と映らない場合がある。逮捕直後とか、別の警察署かなんかに移送する場合のことだけど。殺人を犯していても顔を写さないこともあって、ときには警察関係者が顔を隠してやってたりもする。なのにもっと軽い犯罪の犯人や容疑者の顔がガンガン映し出されたりするときもあって、警察関係者もまったく隠そうとしなかったりする。この違いは何だろうか? 警察関係者やマスコミの好き嫌いだけで決まってるんだろうか?

2013年5月23日 (木)

政策―たいこもちマスコミ

 このところのテレビは政策をバックアップしているというか、権力に擦り寄っているというか。政府から圧力があるのか、広告代理店が気を利かしているのか。

 現実以上にアベノミクスを持ち上げているニュース番組やワイドショーが多いような気がしているし、安倍ちゃんが農業に力を入れると言えば、すかさず「最先端の儲かる農業特集」なんかを放送している。

 安倍ちゃんは安倍ちゃんでやたらと人気取りとしか思えない視察に出かけ、これまたマスコミが大きくとりあげてもいる。

 昨年安倍ちゃんが総裁候補となったときはマスコミによるアベタタキが結構見られたが今は全く目にしない。当時タタイテいた人たちはマスコミ稼業をやめたのか?

・・・・・・

 先日アベノミクスに関してワイドショーが特集していた。

 某百貨店が理由あり商品のセールをおこない、例年に比べて売上が上がっているという。輸入品を円安になる前の安い価格で販売しているのも好評だという。

 ここまでは事実かもしれない。

 ここでこの特集は「アベノミクスの効果で消費者が今までよりもたくさん買うようになった」と伝えていた。

 そうかもしれない。でも、とりようによっては「アベノミクスの悪影響で円安になり、輸入品の価格が上がってきたので、少しでも安く買おうと消費者がたくさん買って買い置きをしている」と伝えてもおかしくないはず。

 なんだかアベノミクスを称えようと必死な感じがするのだ。

 このワイドショーの特集の最後にコメンテーターが「今日のこの特集も『理由あり』なんですけどね」と言っていた。一瞬スタジオが凍りついたようにアタシには感じられたが、すぐにCMになった。

 「今日のこの特集も『理由あり』なんですけどね」は意味深だ。アベノミクスを持ち上げてバックアップするよう、どこかから圧力か要請があったのではないか、とアタシには思えたのだよ。

2013年5月11日 (土)

日本はどう見られているのか

 最近、日本在住の、あるいは日本にやってきた外国人にインタビューして「日本(人)のどこが好きか、どんなところがよいと思うか」などと聞く番組とか特集が増えている気がする。

 意外な答えが返ってきたりしておもしろかったりもするのだが、司会者が「そうだね、日本(人)はそういうところがいいよね」なんて言ってるのは、ちょいと違和感がある。

 日本(人)を必要以上に悪く言ったり貶める必要などないのだけど、やたら「日本(人)はいいよね」がくりかえされると日本(人)にはいいところしかないのか? という気になってくる。「日本(人)はすばらしい」という刷り込みがなされているように感じてしまう。これはこれで危険だろう。どこの国にだって、どこの国の人にだっていいところもあれば悪いところもあるはず。生まれがどこであろうとよい人もいれば悪い人もいるのだし。


 ぜひテレビの人には外国人に聞いてもらいたいことがある。

 原爆を落とされ、原発が爆発した日本が核拡散防止条約の準備委員会で「いかなる状況下でも核兵器が再び使用されないことが人類生存の利益」とする共同声明に賛同しなかったというニュースをどう思うか?

 ということだ。

2013年3月 7日 (木)

インタビューとはこんなもの。一本松について

 陸前高田市の「奇跡の一本松」とやらが復活したそうな。一本だけ生き残った当初から個人的には「これが人々の心の支えになるのか?

」といういくらか「ばかげていなあ」という感想を持った。なんとか生き残らせようと奮闘された方々には申し訳ないが「他に力を注ぐべきことは山ほどあるのでは?」と思っていた。でも地元の人たちが残したいと考えているのならそれはそれで悪いことじゃなかろうとも思っていた。

 しかし枯れてしまったのなら、さすがにそこまででお役御免だろう。ところが加工処理+レプリカ作成で復活したのだそうだ(詳細は

http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/kategorie/fukkou/ipponmatu/ipponmatu-project/ipponmatu-project.html とか ニュースで確認できる)。

 麻生なら言うだろう、「さっさと死なせてくれ」と。

 この復活を一昨日民放のテレビニュースで知った。ここまでして復活させる必要があるのか? というスタンスだった。地元の人々にインタビューもしていた。2、3人が答えていたがいずれも「自分たちの生活は戻っていない。他にいくらでもお金や労力をかけるべきところがあるのでは?」というものだった。

 昨日NHKの9時からのニュースのエンディングだけを見たのだが、スタンスがまるで違った。地元のみんなが待ち望んだ一本松が帰ってきてうれしい、というスタンスだった。インタビューされた地元の人たちも「復活して喜んでいる。いつまでも残って欲しいし、この一本松を見ながら、これからもがんばっていきたい」などと答えていた。

 まあ、インタビューとこんなもの。まずはテレビ局の思惑、スタンスが決まっているのだ。何人にインタビューをしても、この思惑、スタンスに合わない回答は放送されない。おそらく期待通りの回答が得られなければ「誘導」が行なわれたり、場合によっては「やらせ」に近いことが行なわれるのだろう。

 インタビューしたらこういう答えが多かったからスタンスを変えましょう、なんてことはないと考えた方がいい。

 インタビューを見て「ああ、みんなこう考えているんだ」なんて思わない方がいい。

 つまりインタビューといえども実態を反映していないということ。

2012年9月19日 (水)

NHKの夏休み

人々から集めたお金で生きてるくせに

人々より長い夏休みをたっぷり取るんだね。

2012年7月30日 (月)

NHKは却下(その2)

「2.無駄使いが多い。」について

1)職員が多すぎる

現在のところ1万人ちょっといるらしいが
これが多すぎなのかどうかはアタシには判断
できない。

しかし
http://cgi4.nhk.or.jp/a-room/search/index.cgi?pgc=0&vc=30
を見ると東京のアナウンサーだけで
160人もいる。

そして各アナウンサーの「出演番組」を見てみると
空欄の人がかなりいるし、「出演番組」がある人も
1つだけとか、2つくらいとか、少ない人が
とても多い。

さらに
これだけアナウンサーがいるにもかかわらず、
クイズ番組やバラエティっぽい番組の司会者には
吉本の芸人なんかを使っていたりするわけで。
本来なら必要のない出演料が発生してるわけだ。

まあNHKのアナウンサーで面白い番組が作れるとも
思わないが。

面白いアナウンサーを採用したり、育成したりという
こともなく。

必要なのかね。
番組に出てないアナウンサーは何してんのかね。

そのうえ下手だし。
ニュースですらよくカンデいるアナウンサーいるし、
インタビューがうまいNHKのアナウンサーを見たこと
がない。

2)不要なところに金をかける

受信料で東電の社債を買ってるし。

あと、
昔NHKのクイズ番組を見ていたら、正解を解説
するためにおおがかりな模型を作っていた。
民放ならフリップ1枚で済ますだろうな、
とアタシは思ったのであった。

そんなようなことは今も続いている。
人々から集めたお金を大事に使おうという姿勢
は見られない。

(つづく)

2012年7月29日 (日)

NHKは却下(その1)

NHKはよろしくない組織だと思う。

なぜなら、

1.公正、公平ではない

2.無駄使いが多い

3.やらなくていいことまでやっている。

まずは「1.公正、公平ではない。」から。

1)よく知られていることだが
  放送内容が偏向している。
 
最近でも消費税増税や原発再稼動を支持して
いたし、反原発デモを報道しなかったり。
特に夜9時のニュースはひどいな。

原発事故の際も、政府サイドの発表のまま、
あるいはそれ以上に「安全です」「影響はない」
を繰り返していた。スポンサーである視聴者の
利益を考えれば危険が及ぶ可能性も伝えるべき
であったはず。

少し前には、国会中継を連日放送していたにも
かかわらず外国人参政権がテーマの日だけ、
中継を取り止め、まったく緊急性のない番組を
放送していた。

などなど。

2)よく見る人もまったく見ない人も同じ料金

テレビは持っているけど、忙しくて見る時間が
あまりないし、NHKは見ないという人も、
朝起きてから、夜寝るまでNHKを見ている人も
同じ料金というのは、変である。

受信機を持っているというだけで受信料を
払わされるって、車を買っただけで、毎月
ガソリン代を払わされるような。

あとNHKラジオはたんまり聞くけど、テレビは
持ってないという人は、恩恵を受けてるのに、
受信料を払わなくて良いのだな。

3)番組が偏っている

ドラマなんぞ、日本のものを除けば韓国ものか
米国ものだけだ。欧州やアフリカ、インドとか
オセアニアのドラマが見たい人には、なんで
受信料を払わなくてはならないのか、わからない。

音楽も同じような傾向があるな。

あと語学とか「○○講座」などはほとんどが
初心者向けであり、あるていど力をつけた人に
役立つ番組はない。

などなど。
(つづく)

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ