文化・芸術

2014年9月12日 (金)

安西水丸

 彼のイラストが好きだったけど、亡くなってしまったな。あっけないな。

 イラストだけを集めた本があれば購入したいと思っているのだが見つからない。


 家の中を整理していたら、昔買った絵葉書の中に彼の作品のものがあった。

 買った記憶がない。が、絵葉書を入れた紫色の紙袋にはスペースユイのシールが貼ってあるから、たぶん個展か何か見に行って、絵葉書を買ったのだろう。スペースユイに行った記憶もないけれど。

 青山には指で数えられるくらいしか行っていないのだが、そこで何かをした記憶があまりないな。なんかだか不思議だ。

2014年6月10日 (火)

誰それに似てると言われたら

 雑誌コーナーを歩いていたら表紙にジュリアン・オピーのイラストを見つけた。

 手に取ってみた。

 ジュリアン・オピーじゃなかった。

 ナンチャラゆたんぽという人だった。

 もしアタシが本気で何らかの表現者であったなら、他の表現者と間違えられるような表現はしたくないな。

 誰それに似てると言われたら、がっかりするだろうな。

 

 プロが見れば違うのかな。

2013年7月14日 (日)

配達の人とか、香りとか

 いろいろな物が我が家にも配達されてくる。自分であれ、送ってくれる人であれ、誰かが費用は負担しているわけだけど、また、その人にとっては単なるお仕事なのかもしれないけど、基本的は配達してくれる人に感謝している。暑い日も寒い日も雨の日も雪の日も家まで運んでくれるのだから。

 たまに、ちょっといかがなものか、という人はいる。「こん○○は、××便です」という声が異様に沈んでいるのである。暗いのである。元気がありすぎる人にも閉口してしまうが。数メートル先から叫んでくる人もいるからね。「△△さーん! お届け物でーす」とかなんとか。理想的なのはチャイムを押してからはきはきと言ってくれる人だな。適度な大きさの声でね。

 もう1タイプ、困った人がいる。正直、無臭の人がいいのだけど、アタシ的には汗臭い人に文句を言うつもりはない。汗をかくお仕事なんだから。女性の配達員に多いのかもしれないが、汗臭さを避けるためか、単にオシャレなのかわからないがきつい香水かなんかつけてくる人は苦手である。荷物を受け取って、扉を閉めても、しばらくにおいが残る。

 香りは好みのものならいい感じになれるのかもしれないが、好みでなければ、それは悪臭にしかならない。そして香りの好みなど千差万別なわけで。つまり自分はすてきな香りだと思っていても、その香りを嫌いな人の方が多いと考えておいた方がいいはず。特に客商売の人は。

 そういえばタバコ臭いのも嫌だな。荷物に匂いが移ってたりしたら最悪。

2012年2月10日 (金)

シロー死す

シローといえばサブロー・シローのシローだ。
55歳だったという。

彼らの漫才は絶品であった。
とはいえすごく笑った記憶はあるが、
内容までは覚えていない。
「田中はーん」を連呼しているネタがあったと思う。
なぜかこれは忘れられない。

彼らがテレビから消えたのは、

所属していた吉本に給料を上げて欲しいと
お願いをしたら断られ、

人気絶頂だった2人は、じゃあ吉本を
やめてやると飛び出し、

怒った吉本はテレビ局にサブローシローを
使うなと圧力をかけ、

吉本の他の人気芸人を使えなくなることを
恐れたテレビ局はサブローシローをいなかった
ことにした

という経緯だったと思う。

あんなに面白かったのに。

吉本は…。

昔、会社の先輩がシローに似ていて、
新幹線で間違えられたと言っていた、

そんなことも思い出す。

ご冥福をお祈りする。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ