スポーツ

2015年10月 4日 (日)

ヤクルトスワローズおめでとう

 少し遅くなったけれど。

 熱心なファンとは言えないけれど。


 もちろん選手たちはがんばった。

 それにくわえて、かつて応援した選手たちが

 監督やコーチになって優勝に導いたことが

 感慨深い。

 知らない選手はいるけれど、

 監督やコーチはすべて知っている。

 何か妙な感じではあるが。


 真中監督が
 「ファンの皆様、優勝おめでとうございます」

 というあの有名なせりふを使ってくれたのも
 うれしい。

 おめでとう!

2014年7月 2日 (水)

日本のサッカー

 W杯もトーナメントになって白熱した試合が続いている。日本は出ていないわけだが、部分的に見ていても結構興奮する対決が目白押し。

 で、日本の試合はあまり面白くなかったなあと改めて感じた。

 世のサッカーファンが、サッカーの何に魅力を感じているかは知らないが、個人的には縦のロングパスを使ったカウンター攻撃やドリブルでディフェンダーを何人もかわしてからのシュートにワクワクする。ウラへの縦パスもいい感じだね。

 ちまちまとパスをつないで、例えゴールが決まっても、ワクワク感はあまりない。パスがつながるか、相手にとられるのではないかとヒヤヒヤする。ワクワクからの爽快なシュートではなく、ヒヤヒヤからの「あ、入った」という唐突感になってしまい、うれしさはワンテンポ遅れる。

 それでももちろんゴールが決まればいいわけだが、今回の日本はパスもつながらず。

 カウンターもない、ドリブルもないとわかっていれば相手も守りやすいのではなかろうかね。

 「日本のサッカー」って何なのかよくわからない。表現にこだわるよりはまずは勝つサッカー、そしてワクワクするサッカーをしてほしいものだ。

 同じ唐突感ならミドルやロングのシュートの方が好きだなあ。

2014年6月17日 (火)

よくわからないサッカー・ファン

 W杯がはじまった。そこかしこで一部のサッカー・ファンが、「にわかファン」を非難したり、バカにしたりしているようだが、気持ちがよくわからん。

 にわかファンがいてこその盛り上がりではないか。その盛り上がりがあるからこそ、スポンサーがついたり、テレビ放送があったりするのではないか。

 にわかファンがいなければスポンサーもつかず、W杯を開催できる国なんて限られてくるだろうし、試合会場の観客数だって相当減るだろう。とても寂しいイベントに成り下がる可能性もあると思うが。

 また、「にわか」から「ほんとうの」ファンになったりするきっかけにもなるのではないか。

 オリンピックなんぞ、応援しているほとんどの人が「にわかファン」だろう。でも、「にわかファン」に対して怒っている人は見たことないが。

 サッカー・ファンは心が狭いのか? それとも、日頃からサッカーを応援してほしいという悲しみにも似た心情の裏返しなのか?

2013年9月 8日 (日)

オリンピックって何なのさ

 オリンピックを開催する目的は何なのよ? 一方で「あの感動を日本でも」とか「元気と勇気を与えたい」とか言いながら、聞こえてくるのは「経済効果○○兆円」とか「インフラが良くなる」とかお金の話の方が圧倒的に多い。

 現代社会はゆがんでいるよ。

 9月に入ってからは豪雨やら竜巻やらで各地で大きな被害が出ていたわけだが、そんなさなかですらニュース番組では「オリンピックで経済効果がこんなに期待できる」と嬉々として放送しているのにはたまげた。

 福島だってまだまだ、まだまだ、まだまだお金が必要だろうに。

 東京都もいっそ「オリンピックで金儲けしようぜ!」と呼びかけた方が清々しかったんじゃないの?

 「オリンピックで儲かったら住民税を安くします」とか言えばもっともっと圧倒的支持を得られたんじゃないの?

 金儲けが目的なのに、さもすばらしい行いをするかのような謳い文句ばかり掲げる昨今のやり方、政府やら自治体やらマスコミやら広告代理店やらのやり方は、気持ち悪いなあ。

 まあ、猪瀬の作り笑顔がいちばん気持ち悪かったが。

2013年6月13日 (木)

飛ぶボール? よくわからん。

 まあ悪いのは、使用するボールを変更したことを公表しなかったり、ボール・メーカーに口止めをした日本プロ野球機構という組織なのだろうけれども、アタシにはわからないことがある。ボールが変更されているのではないかということは多くの選手が感じていたようだし、たぶんマスコミや熱心なファンも気づいていたのではないだろうか。個人では難しいかもしれないが、なぜマスコミや球団が独自に検査しなかったのか? 検査機関に持ち込めばいくらか費用はかかるかもしれないが容易に判明したのではなかろうかね。

 おかしい、おかしいと言いながら検査もせず、見て見ぬふりをしてきたマスコミや球団もおかしな体質だと言わざるを得ない気がするのだが。

2012年11月 2日 (金)

野球をつまらなくする戦犯

切腹モノだな。

原と加藤は心が汚い。
野球少年がマネをしないことを願う。

柳田は単にダメなヤツなんだろう。

ところで加藤とは誰だ?

加藤 健 だな。

http://www.sanspo.com/baseball/professional/player/giants/40.html
によれば

生年月日 1981/03/23 生
年齢 31 歳(満年齢)
投打 右投 右打
年俸 1800万円(推定)
身長 186 cm
体重 90 kg
血液型 A型
趣味 ショッピング
家族 既婚
出身地 新潟
プロ年数 14年
球歴 新発田農高(甲)→99年巨人D3位

なるほど。
後がなく、必死すぎて頭がイカレタか?

デッドボールに見せかける練習をしすぎたか。
それで正捕手になり損ねたか。

それとも正捕手になれないと悟り、
汚いプレーの練習を積んできたのか。

とっさにあんな行動をとってしまったとしても、
アタシなら恥ずかしくいて生きていけないな。

家族や周囲の人に申し訳ないし。

巨人にしろ、原にしろ、
こういうバカが得をしないルール作りを
しなければ、野球人気は戻るまい。

こんなときくらいはビデオを使ってもよかろうにな。

野球関係者は頭が固く、そして悪い。

あ、個人の感想です。

『疑惑の判定 シリーズ初危険球退場 巨人・加藤は大ブーイング浴びる』
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/npb/news/CK2012110202000152.html
から一部引用。

『本拠地・札幌ドームで、疑惑の判定に泣いた。日本ハムには後味の悪さだけが残っていた。絶対に納得のいかないジャッジに水を差され、巨人に王手をかけられた。

 問題のプレーが起こったのは4回無死一塁。加藤の送りバントを阻止しようと、2番手の多田野は内角高めへ直球を投げ込む。これに加藤はのけぞって転倒し、柳田球審は「ファウル」と判定。スコアボードにはストライクのランプが点灯。しかし、原監督が死球かと聞いた後、柳田球審はヘルメットに当たったとして死球にジャッジを変更。中継のリプレイ映像では投球は当たってはいないが、ビデオ判定は採用できない。柳田球審は多田野に危険球退場を命じた。

 「バントにいっているでしょ」。血相を変えて飛び出したのが、栗山監督だ。身ぶり手ぶりの猛抗議を続けた。やりとりの中での言葉の行き違いで激高。「オレを退場にしろ!!」と声を荒らげた。でも、判定は覆らない。投手は多田野から森内に交代。流れは日本ハムから巨人へ完全に傾いていった。

 「言ったのは見え方が違うということ。バントにいってるでしょ、空振りで顔に当たってもストライク。こちらの概念はそう」と栗山監督。釈然としない思いは試合後も残る。球団としてはNPBへの抗議や検証の要望はしない方針だが、多田野は「だます方もだます方だし、だまされる方もだまされる方」と怒りで顔を紅潮させていた。

 追い詰められた。巨人に大敗し、成績は2勝3敗。日本一を果たすためには2連勝するしかなくなった。舞台は敵地・東京ドーム。風は逆風に変わった。しかし、栗山監督の心は折れていない。

 「まだ、これから。一緒に戦っているファンに何とかいい報告ができるようにしたい」。逆転のチャンスはある。疑惑の判定に泣いたまま、日本シリーズを終わらせる気は毛頭ない。 (川越亮太)』

2012年9月30日 (日)

たまにはイイ話

こういう話は好きである。

『金本知憲選手(阪神タイガース)から東京ヤクルトスワローズファンの皆様へ』
http://www.yakult-swallows.co.jp/information/detail.php?article_seq=15250
から。

『東京ヤクルトスワローズのファンの皆様、こんばんは、突然お邪魔して申し訳ありません、阪神タイガースの金本知憲です。

ひとつ、ふたつ、御礼と御詫びを申し上げたくてヤクルト球団の了解を得てお邪魔させて頂きました!

まずは御礼ですが、敵チームの選手にも関わらず打席に立つ度に拍手と声援を送っていただき、本当にありがとうございました。増して26日の試合でホームランを打った後にも拍手を頂きました。本当に嬉しかったです。

今日28日の試合前に宮本、福地の両選手から花束を頂き、試合後には僕が3塁側とレフトスタンドのファンに手を振りながら帰るまでの間、わざわざヒーローインタビューを遅らせてまでも、ずっとバックスクリーンのオーロラビジョンに僕をアップしてくれていたヤクルト球団にも御礼申し上げます。

そして御詫びを! 後から知人から聞いたのですが、ちょうど僕がレフトスタンドに手を振ってる時に、なんとヤクルトファンが埋めつくすライトスタンドから金本コールが!!!

全然気付きませんでした!気付いていたらライトスタンドまで行ったのに!と嬉しさと後悔と申し訳なさでいっぱいになりました。

その御礼と御詫びをどうしてもしたかったのです。

東京ドーム最後の巨人戦でも、巨人軍の選手から花束を頂き声援も送って頂きました。野球ファンはいいですね!

本当に今日は嬉しくて有り難くて野球を頑張ってきて良かったなと、再確認させてくれたヤクルト球団、並びにヤクルトファンの方、本当にありがとうございました。

感謝しています。

阪神タイガース
金本知憲 』

2012年9月11日 (火)

日本を良く知るジーコ

今日はイラク戦。
サッカー日本代表の。

マスコミは
「日本代表を良く知るジーコ」がイラクの
監督であり手強いぞ、
と煽っているわけだが。

ま、手強いのは事実だろうが。

ジーコが知ってる日本代表、なんていつの話だ?

逆に当時のイメージで戦ってくれたら
楽勝じゃないか?

今の日本代表は、当時の代表と全然違うと思うぜ。

2012年9月 9日 (日)

パラリンピックと中国

パラリンピックも今日で閉会のようだ。

ふとパラリンピックではどの国が活躍しているの
だろうか、と思った。

福祉の進んでいる北欧か、あるいは、
障害者への対応が進んでいそうな米国か、
と予想したのだけど、
ハズレ。

http://www.london2012.com/paralympics/medals/medal-count/
を見ると現在のところこんな感じ。
(従って最終的な数字ではない)

                      金 銀 銅 計
1 People's Republic of China 95 71 65 231
2 Russian Federation      35 38 28 101
3 Great Britain                   33 42 43 118
4 Ukraine                           32 23 28  83
5 Australia                         31 23 29  83
6 United States of America   30 29 37  96

中国がダントツの1位で驚いた。
知らなかった。
これは今回に限ったことではなく最近の
パラリンピックでは中国はずっとダントツのようだ。

2位がロシアというのもびっくり。

さらにウクライナが4位というのも予想外。
(オリンピックでもウクライナは金メダル数で
 14位、メダル総数で11位と健闘していて
 スポーツに力を入れているのだろうか)

米国はなんとか6位(メダル総数では4位)だけど
北欧はあまり活躍していないのであった。

ちなみに日本は24位
24 Japan            5  5  6  16

23位がメキシコ、22位がナイジェリアだ。

中国もロシアも障害者対策が進んでいるという
イメージはなかったのだけど。
共産主義が何か関係しているのだろうか。

うーん。中国のダントツは不思議である。
いくら人口が多いとはいえ2位との差がすごすぎ。

やはり国策として障害者のスポーツ選手を育成し
ているということなのだろうか。

ということは少なからぬ障害者が恵まれた生活を
しているということなのだろうか。

まさか運動神経のいい人を障害者に仕立てている
わけではあるまい。いくら中国でも。

不思議だなあ。

2012年7月29日 (日)

NHKのアナを見ていられない

オリンピックが始まった。

だが、NHKのアナが
下手だ。下手すぎる。
プロじゃない。

週末のスポーツニュースを担当している男性アナ、
前から下手だなあと思っていたのである。

スポーツに関する知識を持っていなさそうだし、
スポーツが好きという感じもない。
(好きならある程度の知識は持っているだろう)

そのうえしゃべりも下手だ。進行も下手だ。
妙な間ができる。

そのアナがオリンピックを担当している。
(週末だけかな?)

残念至極。

もちろん
インタビューとか話を聞くのも下手なのだ。

話を聞かれる側が困っていることも少なくない。

スポーツニュースの面白さの1つは、
選手や解説者から何を聞きだすか
というところにあると思うのだが。

知識も興味もないようなアナウンサーには
何も聞き出せやしないのだ。

たまたま選手が面白いことを自ら言ってくれても
それを広げることもできないし。

NHKのアナウンサーはたいていインタビューが
下手だ。
うまいアナを見たことがない。

昔、ヤクルトが優勝したとき、
多くの選手がそろってNHKに呼ばれたのだが。

インタビュアーは有働アナだったのだが。

ほとんど何もしゃべらなかったな。

あまりにも酷かったので忘れられない。

あと夜9時のスポーツニュースも
なんだろうかね。

スポーツ担当女子アナは、視聴者に対して
しゃべっているというよりも、
大越に対して説明しているというか、
なんだか媚びてる感じがする。

大越というのは男性のメインキャスターだ。

大越は偏向発言が多いし。

よく一般企業では、仕事ができるからといって
出世するとは限らない、なんていうが、
NHKも能力はさておき、上司へのゴマスリが
担当番組をゲットする方法なのかもな。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ