おすすめサイト

2013年3月25日 (月)

「全日本おばちゃん党」を支持したいな

 まだ実態をよく知らないけど、これを読む限り支持したいな。

『1:うちの子もよその子も戦争には出さん!

2:税金はあるとこから取ってや。けど、ちゃんと使うなら、ケチらへんわ。

3:地震や津波で大変な人には、生活立て直すために予算使ってな。ほかのことに使ったらゆるさへんで!

4:将来にわたって始末できない核のごみはいらん。放射能を子どもに浴びせたくないからや。

5:子育てや介護をみんなで助け合っていきたいねん。そんな仕組み、しっかり作ってや。

6:働くもんを大切にしいや!働きたい人にはあんじょうしてやって。

7:力の弱いもん、声の小さいもんが大切にされる社会がええねん。

8:だからおばちゃんの目を政治に生かしてや!』

これは
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20130323-406699/2.htm
から引用。

「はっさく」と呼ぶ全日本おばちゃん党の基本政策のようなもの、ということだ。

基本政策のようなものなのに、「~します」でなく「~してやって」っていう言い方はちょっと気になるけど。実行するのは自分たちじゃないみたいに聞こえるが、どうなの?

しっかり実行してや。

2012年5月21日 (月)

TPPの最近の動向は?

最近は説明会も開かれていないような。

そこで
http://twitter.com/#!/saitoyasunori
から引用しておこう。

***引用開始****

斎藤 やすのり ‏@saitoyasunori
#TPP バスの乗車券は3つをクリアしなければ手にすることはできない。保険はかんぽのがん保険販売中止、牛肉は輸入制限の緩和でクリア。残りは車。予想通り、5月上旬に米国は『「自動車税制」、「安全基準」、「認証制度」を何とかしろ!譲歩しないならチケットは渡さん!!』と言ってきた。

斎藤 やすのり ‏@saitoyasunori
#TPP 米国は自国の車を売りたい。売るためには日本の排気量毎の税制、日本の”軽”というカテゴリー、ハイブリッドなどの先進技術が邪魔。だから、軽をなくせ!、大型車の税金を安くしろ!、先進技術は共有化しろ!!と圧力をかけてきている。ちなみに米韓FTAではこれらを韓国は飲んだ。

斎藤 やすのり ‏@saitoyasunori
同感です。@bilderberg54 どうもアメリカは「日本の自動車ディーラー」を非関税障壁と主張したいようです。トヨタはトヨタのホンダはホンダのディーラーが独占的に車販売を行うのでアメ車が売れないんだという「市場アクセス」の問題にしていきたいようですね。

***引用終了****

いずれも5月19日のツイート。

2012年3月30日 (金)

宮崎駿は食わない

まるっと引用。
http://twitter.com/#!/miyasan_bot/status/184444772302336001
から。

『宮さん(宮崎駿)bot
‏ @miyasan_bot
ある人がもう年寄りはいいんだから放射能で汚染されたものでも、年寄りが食えばいいんだっていうふうに言っていたけど、僕は食わない。食わないようにする。それはやっぱり、問題をあいまいにする。年寄りなら食ってもいいじゃないかという考えは、福島に対する援助にならないと思います。』

著名な年寄りがもっと発言すればいいのにな。

吉永小百合もさ
『大人の休日倶楽部 「盛岡」篇 30秒』
のCMで、出されたじゃじゃ麺、食べてなくない?
レンゲには口つけてるように見えるけど。
直接発言しないけど、態度で示すって感じかな。

2011年10月 6日 (木)

どこに住むべきか?

http://twitter.com/#!/hosshyan
で見つけたツブヤキ3点。

『@zonzon918
zonzon

昨日給食の食材検査で初めて放射能検出した横浜市、検出値499ベクレルまでは給食に使用していく方針とのことです。(市教委健康教育課)』
http://twitter.com/#!/zonzon918/status/121402407732264960

『@monjukun
もんじゅ君
hosshyanがリツイート
長野県松本市で、小中学校あわせて2万人分のこどもの給食食材の放射線測定がはじまったよ。国の暫定基準値は500Bq/kgだけど、松本市の

教育委員会さんはチェルノブイリの被害をうけたウクライナの基準値、40Bq/kgでチェックするって。 http://bit.ly/p6Ysue 』
http://twitter.com/#!/monjukun/status/121579933985280000

『@yoakenosorami
よあけのそらみ
hosshyanがリツイート
県民として、とっても恥ずかしい。隠したいのが見え見え。【食品】牛肉放射性検査「規制値以下」 栃木、岩手 数値示さず
| SAVE

CHILD http://savechild.net/archives/9809.html via @save_child 』
http://twitter.com/#!/yoakenosorami/status/121524389165539328

市長や知事がマトモなところに住むべきでしょうな。

2011年8月30日 (火)

間違いなく多くの子供を死に至らせるだろう

地獄の福島
http://www.youtube.com/watch?v=5n_3NK-tsOU

ドイツのテレビ番組。
コンパクトだが充実した内容。
本記事のタイトルは番組中にあった発言。

2011年8月28日 (日)

汚染の拡散はこれからが本番か―その1

本日スーパーへ行ったら千葉の新米が並んでいた。
が、とりあえずは米のことではなく、
稲の茎とか葉の行方である。

新米は
http://www.pref.chiba.lg.jp/annou/h23touhoku/documents/230826hontyousa.xls
を見ると、
『注)「検出せず」とは、放射性物質が存在しない、又は定量下限値未満であることを示す。』
『【定量下限値】    放射性セシウム134: 20ベクレル/kg  放射性セシウム137: 20ベクレル/kg』
と書いてあり、
検出されなかった市町村が公表されている。
 
ということは米にはセシウムの134と137を
合わせて40ベクレル/kg含んでいる可能性はある。
(正確には40未満だから40をちょっと下回った
 数値が最大になるだろう)

もしいくらかでも米にセシウムが含まれている
ならば、稲の茎や葉にはもっと大きな数値の
セシウムが含まれるわけだから、
その処理方法が重要になる。

http://jssspn.jp/info/secretariat/post-15.html
から引用すると
『可食部へのCsの移行が少ない場合であっても、稲ワラ等の非可食部の処理をどうするかは重要な問題である。例えば、イネの場合、白米とそれ以外の部位のCs存在比率は7 : 93との報告がある(Tsukadaら, 2002b)。非可食部の家畜への給与、堆肥化、鋤込み、焼却等の処理により再び放射性Csが食物連鎖を通じて畜産品に移行し、あるいは農地に還元される等の可能性がある。第一義的には放射性Csの吸収抑制対策の確立が重要であるが、非可食部の処理についても考えておく必要がある。』
とある。

つまり白米に40ベクレルなら
他の部分には約530ベクレルということになるのだ。

また牛に食べさせれば大変なことになるし、
燃やせば大気に拡散する。
そのまま肥料にすれば、肥料を使った土地の
放射性物質が増える。

新米が店頭に並んでいるということは、
たくさんの茎や葉っぱが刈り取られている
ということでもある。

森田君、どうしてるんだね?

2011年8月27日 (土)

ガン保険と野菜

先日書いた
『やっぱりガン保険は』
について。

『hosshyan ほっしゃん。
生命保険会社に勤める知人が、「最近、ガン保険のCMがなくなったと思わへん?」と。理由を訊いたら、外資系には共通の資料が回って来て、原発事故後のガンの発症率が上がったので売り止めがかかってると。特に0~6歳の子供達の被爆が指摘されてて、北海道~関西圏が汚染地域として指定されてると。』
http://twitter.com/#!/hosshyan/status/106572842556080128

を引用したわけだけど。

これは、
保険会社は『北海道~関西圏』の農産物も影響を
受けていると判断している、
そう考えた方が良さそうに思える。

保険会社だから、損をしないようにいくらか
余裕のある範囲設定をしているのではないか
とは思うけど。

2011年8月26日 (金)

生涯100mSvのパブリックコメント

22日にも書いたけど明日が締め切りだ。

奥多摩のセシウムあるいは東京都の水道水

8月19日に発表された、8月18日付の
『東京都による都内産家畜ふん堆肥の放射能検査(第5報)について』
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8j200.htm
を見ると

『検査した結果、1検体((4)参照)を除き暫定許容値(400Bq(ベクレル)/キログラム)未満であった。』
とある。
つまり1検体は暫定許容値を超えたということ

そこで
※別紙 都内産家畜ふん堆肥の放射能検査結果(第5報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8j201.htm
を見ると
数値が検出された検体はいくつもあるようだが、
最大値は奥多摩町の鶏ふん堆肥で
890Bq(ベクレル)/キログラム

と許容値の2倍以上。

この第5報では
『(4) 暫定許容値を超えた1検体について
 奥多摩町の堆肥1検体が暫定許容値を超えた。この堆肥はおがくず、落ち葉、土等に鶏ふんを混合したものである。なお、この堆肥は自給用であり、流通はしていない。』
と報告されているのだが、原因は鶏なのか、
おがくずなのか、落ち葉なのか、土なのか、
特定していないらしい。

しかも
『この堆肥は自給用であり、流通はしていない。』
とあるので安全かと思いきや、この堆肥の持ち主が
自分の畑で作ったものを流通させることは止めら
れていないということだ。

気になった人は先のURLに問合せ先が書いてある
ので、確認してみよう。

本題はここから。
この奥多摩の件、もしセシウム汚染の原因が
おがくずか落ち葉か土で、それが奥多摩の
ものであるなら、奥多摩はちょっと
やばくないか?
 ということ。

参考までに第1報から比較的数値の高いものを
拾い出してみると
(第1報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8c201.htm
の中で数値が高いのは
あきる野市の77、日の出町の61。

(第2報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8f301.htm
の中で数値が高いのは
青梅市の190。

(第3報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8g301.htm
の中で数値が高いのは
青梅市の112。

(第4報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8h201.htm
の中で数値が高いのは
青梅市の146と149、
あきる野市の75。

(第5報)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l8j201.htm
の中で数値が高いのは
奥多摩町の890、羽村市の280、
世田谷区の140など。

世田谷を除けば、
奥多摩町とその近隣市町村から検出されて
いるのだ。
しかも奥多摩町の検査は、この890以外には
行われていない。
そして追跡調査も追加調査も予定されていない。

さらに昨日付けで
独立行政法人国立環境研究所が発表した
『東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の 大気中での挙動に関するシミュレーションの結果について(お知らせ)』
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2011/20110825/20110825.html
の下の方の画像、
『図3.平成23年3月11日から29日における、モデルで計算されたヨウ素131とセシウム137の積算沈着量(上図)と平均濃度(下図)』
を見ると、
奥多摩あたりのセシウム137の積算沈着量は
やや高くなっている
のだ。

奥多摩は水源地!

2011年8月25日 (木)

やっぱりガン保険は

アタシも8月10日に記事したけど。

http://twitter.com/#!/hosshyan
から引用。

『hosshyan ほっしゃん。
生命保険会社に勤める知人が、「最近、ガン保険のCMがなくなったと思わへん?」と。理由を訊いたら、外資系には共通の資料が回って来て、原発事故後のガンの発症率が上がったので売り止めがかかってると。特に0~6歳の子供達の被爆が指摘されてて、北海道~関西圏が汚染地域として指定されてると。』

つまりはガン患者は急増する、
その範囲は北海道~関西圏であると。
これは公然の秘密であると。

どこから『資料が回って』来たのかは不明なれど、
原発事故による健康被害ははかり知れないものに
なりそうだ。

当然、政府は認識しているはずで、
それでも子供たちを被曝させ続けているわけで。

民主党は、
子供は社会が育てると言いながら、
社会に子供を殺させているわけで。

まったく、なんとか、どうにかしたい。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ