« 『ダーク・スター・サファリ ―― カイロからケープタウンへ、アフ | トップページ | 『短くて恐ろしいフィルの時代』 »

2018年12月19日 (水)

『世界天才紀行――ソクラテスからスティーブ・ジョブズまで』

早川書房 エリック・ワイナー著 関根 光宏 翻訳

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その96。

 前に『世界しあわせ紀行』を読んだ。

 例によって、現地に行って、現地の人に話を聞く、その土地を実際

に目にする、おなじみのパターン。天才になりたい人にも、読み物と

して楽しみたい人にもいい本。

« 『ダーク・スター・サファリ ―― カイロからケープタウンへ、アフ | トップページ | 『短くて恐ろしいフィルの時代』 »

読書」カテゴリの記事

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ