« 『ナバホへの旅 たましいの風景』 | トップページ | 『猫怪々』 »

2018年8月 4日 (土)

『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』

 草思社 フランツ・カフカ 著、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
  頭木 弘樹  翻訳

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その52。

 カフカ:チェコ生まれ(1883-1924)
 ゲーテ:ドイツ生まれ(1749-1832)

 『絶望名人カフカの人生論』がしっくりこなかったので、読むのを躊躇したのだが読んでみたら面白い。ゲーテもネガティブを踏まえた上のポジティブだし。カフカの魅力もこちらの方がわかるような気がする。

« 『ナバホへの旅 たましいの風景』 | トップページ | 『猫怪々』 »

読書」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ