« 『読む海外旅行―マヌーが出会った「ちょっといい話」』 | トップページ | 『大晩年 老いも病いも笑い飛ばす!』 »

2018年7月12日 (木)

『マリス博士の奇想天外な人生』

ハヤカワ文庫 NF キャリー・マリス著、福岡 伸一 翻訳

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その34。

 1944年生まれのアメリカ人、生化学者。ノーベル賞ももらってるん

ですな。

 科学者も結局は予算を獲得せねばならなくって、真実が追及されて

いるわけではないという指摘やエイズの真相が興味深かったな。

« 『読む海外旅行―マヌーが出会った「ちょっといい話」』 | トップページ | 『大晩年 老いも病いも笑い飛ばす!』 »

読書」カテゴリの記事

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ