« 『男たちの好日』 | トップページ | 『少女ポリアンナ』 »

2018年7月 2日 (月)

『たんぽぽ娘』

 河出書房新社  ロバート・F・ヤング (著), 伊藤 典夫 (編集)

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その24。

 アメリカ合衆国のSF作家(1915-1986)。

 あまり読まないSFだけど、わかりにくい用語もあまりなく、
なかなか楽しめた。「たんぽぽ娘」いちばんよかったかな。

 内容は
 「特別急行がおくれた日」「河を下る旅」
 「エミリーと不滅の詩人たち」「神風」「たんぽぽ娘」
 「荒寥の地より」「主従問題」「第一次火星ミッション」
 「失われし時のかたみ」「最後の地球人、愛を求めて彷徨す」
 「11世紀エネルギー補給ステーションのロマンス」
 「スターファインダー」「ジャンヌの弓」

« 『男たちの好日』 | トップページ | 『少女ポリアンナ』 »

読書」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ