« 『良心をもたない人たち』 | トップページ | 『〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義』 »

2018年7月20日 (金)

『猫といっしょにいるだけで』

 新潮文庫 森下 典子  著

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その42。

 著者はエッセイスト(1956-  )

 読んでいて安心できる内容で、じんわり心にしみる感じ。猫の良さ、不思議さが伝わる本。

 猫は出てこなかったと思うが『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』もよかった。

« 『良心をもたない人たち』 | トップページ | 『〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義』 »

」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ