« 『私の暮らしかた』 | トップページ | 『「期待」の科学 悪い予感はなぜ当たるのか』 »

2018年7月17日 (火)

『しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する』

 ダイヤモンド社 レナード・ムロディナウ 著、水谷 淳 翻訳

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その39。

 レナード・ムロディナウ(1954-  )アメリカ生まれの物理学者らしい。

 意識はしていないけど、他人の言葉やBGM、天気などの影響を受けてしまう。あるいは、意識はしていないけど、都合よく記憶をでっちあげたり、変えてしまう。いろいろなものを分類することは有益なことが多いが、ときとしてそれが(意識しないうちに)先入観や偏見につながる。グループを作ればグループ間の争いが起き、差別も生まれる。というようなことが書かれている。

« 『私の暮らしかた』 | トップページ | 『「期待」の科学 悪い予感はなぜ当たるのか』 »

読書」カテゴリの記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ