« 『傍迷惑な人々―サーバー短篇集』 | トップページ | 『停電の夜に』 »

2018年6月11日 (月)

『虹をつかむ男』

ハヤカワepi文庫  ジェイムズ・サーバー (著)   鳴海 四郎 (翻訳) 

 

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その3。

 

 『傍迷惑な人々―サーバー短篇集』と収録作品はかなりかぶってい
る。つまり
面白い作品が多い。「世界最大の英雄」は現代社会でもあ
りそうな理不尽な話。

« 『傍迷惑な人々―サーバー短篇集』 | トップページ | 『停電の夜に』 »

読書」カテゴリの記事

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ