« 『シェル・コレクター』 | トップページ | 『ミゲル・ストリート』 »

2018年6月15日 (金)

『観光』

 ハヤカワepi文庫 ラッタウット ラープチャルーンサップ(著)
  古屋 美登里 (翻訳)

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その7。

 1979年生まれのタイ系アメリカ人男性作家。タイを舞台にした
短編集。てっきりタイ人作家だと思い込んでいた。まあ、そんなこ
とはどうでもいいか。他にも読んでみたいと思ったんだけど、今の
ところないみたい。
 「徴兵の日」は特に印象的。

 内容は
 「ガイジン」「カフェ・ラブリーで」「徴兵の日」「観光」
  「プリシラ」「こんなところで死にたくない」「闘鶏師 」

« 『シェル・コレクター』 | トップページ | 『ミゲル・ストリート』 »

読書」カテゴリの記事

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ