« 『ミゲル・ストリート』 | トップページ | 『イエメンで鮭釣りを』 »

2018年6月17日 (日)

『人生最後の食事』

 シンコーミュージック・エンタテイメント、デルテ・シッパー (著)
 川岸 史 (翻訳)

 今まで読んでよかったな、と思えた本の記録。その9。

 これは小説ではない。紀伊國屋書店でこの本を検索すると「内容
説明」と「著者等紹介」があるのだが、それによると著者は1960年
生まれの、ドイツのテレビジャーナリスト。で、内容は、ハンブル
グのホスピスの料理長と入居者を取材してまとめたドキュメント。

 まあ当然、悲しいシーンも出てくるわけだが、悲しみの中にも温か
みも感じられ、とてもよい本だった。
 なんで出版社がシンコーミュージック・エンタテイメントなのだろ
う? この出版社のサイトで本作品を検索してみたのだがヒットしな
かったし。不思議だ。

« 『ミゲル・ストリート』 | トップページ | 『イエメンで鮭釣りを』 »

読書」カテゴリの記事

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ