« 村上春樹 | トップページ | チャンスを生かせ! »

2015年2月22日 (日)

頭がこんがらがる募金

 駅前でユニセフが募金を募っていた。

 募金を募るという言い方はおかしいのか。

 募金活動をしていた。難民支援のためだという。

 ユニセフといえば国連の組織だ。

 ひねくれているアタシは、難民が出ない世界を作るのが

 国連の仕事だろう? などと思ってしまう。

 各国の、特に先進国のリーダーたちが

 好き勝手なことやって、難民出ましたから、

 皆さん、お金を出して助けましょう、というのは何か違和感。

 危険な組織が武装して、良からぬ行動を起こして、

 その結果、難民が出ていると言うのかもしれないけど、

 その組織はどうやって武器を手に入れたのだ?

 資金はどこからやってくるのだ?

 先進国が好き勝手やって来たことのツケではないのか?

 勝手に国境を決めたりとか。

 あるいは金儲けのために武器を売ったり、危険な組織の

 資金となるとわかっているのに、取引をしているのではないのか。

 はたまた、そうした組織と取引をしている企業を、

 見て見ぬふりしているのではないか。

 よくわからん世界だ。

 武器を渡さず、資金源を断てば、いずれ動きが取れなくなる

 気がするのだけどね。

 

 一方、困ってる難民を助けたいと思うのも人情ではある。

 ぐちゃぐちゃ言ってるだけで、放っておいてよいはずもない、

 というのも真実だ。

 などと、バカな頭で考えていると、募金活動しているユニセフの

 ユニホーム的なものを着ている人々が、おしゃべりをしている。

 あの人たちは何かね? ユニセフの職員? アルバイト?

« 村上春樹 | トップページ | チャンスを生かせ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ