« 青い鳥 | トップページ | 頭がこんがらがる募金 »

2015年2月17日 (火)

村上春樹

 昔々好きだった。

 いつごろまで読んでいたっけと、Wikipedia で確認してみると、

 長編小説では『ダンス・ダンス・ダンス』まで。

 そしてたぶん、

 短編集では『パン屋再襲撃』まで、

 随筆では『ランゲルハンス島の午後』まで。

 なんで読まなくなったのか、明確な理由はないけど、

 たぶん、『ダンス・ダンス・ダンス』の次の

 『国境の南、太陽の西』を手にしてみたけど、

 なぜか読む気になれなくて、その後なんとなく

 遠ざかってしまったような気がする。

 

 他にも同じ時期に村上春樹をやめた人を目にしたこと

 があるので、村上春樹の何かが変わったのかもしれない。

 で、その後は、暇つぶしにタイトルを忘れた紀行文の

 文庫本1冊読んだ気がするが、あまり印象は残ってない。


 

 そんな状況は続いていたのだけど、先日、ネットで何かを

 検索していたら『村上さんのところ』というサイトを

 偶然に発見した。

 見てみたら

 おもしろいじゃないか。

 読者からの質問に村上春樹が答える、という内容で、

 以前にも同様のことをして本にもなっているらしい。

 その本の存在はもちろん知らなかったわけだが。

 『村上朝日堂』は好きだったので、テイストが同じというか。

 相変わらずスワローズ好き、猫好きのようで。

 このところ毎日読んでいる。

 期間限定らしいので、いつまで続くか知らないが。

 絵が安西水丸でないのは残念な気もするけど、

 フジモトマサルという人の絵もなかなか味わい深い。

 

 小説の方はどうだろう?

 またおもしろいと思えるだろうか?

« 青い鳥 | トップページ | 頭がこんがらがる募金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ