« なぜそこに | トップページ | 電車で読書 »

2014年11月 5日 (水)

小学生とおにぎり

 制服を着た小学生がふたり電車に乗ってきた(もしかしたら中学生だったかも)。

 それぞれ重そうなカバンをふたつずつ持っていた。

 ひとりがカバンの中からおにぎりを取り出した。コンビニのだ。揺れる中、上手にのりを巻いた。(そうそう、ふたりとも立っていたのだよ。)

 もうひとりも「俺も食べよ」と言いながら、おにぎりを取り出した。ラップに巻かれた自家製のだ。のりは巻かれていない。

 見るともなしに見ていると、自家製おにぎり小学生は、おにぎりとは別に銀色の袋を持っていた。袋には「のり」と書かれていた。

 器用におにぎりを持ったまま、のり袋の口を開け、1枚取出し、おにぎりをのりではさみ、のり袋の口をきちんと閉め、改めておにぎ

りにのりをきちんと巻き、揺れながら食した。

 ふたりとも揺れながら、急いで口の中に押し込んでる感じだった。

 

 最近の子供はたいへんだなあ、と思った。

« なぜそこに | トップページ | 電車で読書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ