« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月16日 (水)

台風

 台風が発生すると、こっちに来なければいいのになあ、などと勝手なことを思うわけである。

 ときとして、あっちに行けばいいのになあ、などとも思ってしまったりする。でももし、あっちに行って、あっちで大惨事になるとやっぱり後味悪いわけで。

 もちろんアタシが思ったからといって台風の方向が変わるわけではないのだけれど、でも、まあ、いい感じはしない。

 言うまでもなく自分が痛い目を見るのが一番嫌なわけであるが、ただひたすらこっちでもあっちでも被害が出ませぬようにと願うことにしようと思う。

 台風が厄介なのは、まったく発生しなければしないで、水不足になってしまったりすることだなあ。

2014年7月 5日 (土)

思いやり?

 気が利くというか、気配りができるというか、空気が読めるというか、そういうことができる人もいれば、できない人、しない人もいる。

 おそらくは「できる人」の方が他人から好かれたり、重宝がられたりする。

 でも他人に配慮して行動するということは、自分のペースを崩すことでもあるわけで。自分のやりたいことをあきらめて、あるいは後回しにして他人に合わせることになるケースが多くなる気がする。

 気を使ってあげた相手が別の機会に気を使ってくれるとも限らない。

 また、たぶん気配りができないからといって、よほどの限度を超えたわがままでない限り嫌われることもないだろう。

 つまり、思いやりのある人は損をしている気がするのだ。思いやりがあるばかりに自分を貫けないから。

 「思いやりを持とう」という教育がいいのか、悪いのか、最近はわからなくなった。

 損得を考えるうちは本当の思いやりではないのかな。

2014年7月 2日 (水)

日本のサッカー

 W杯もトーナメントになって白熱した試合が続いている。日本は出ていないわけだが、部分的に見ていても結構興奮する対決が目白押し。

 で、日本の試合はあまり面白くなかったなあと改めて感じた。

 世のサッカーファンが、サッカーの何に魅力を感じているかは知らないが、個人的には縦のロングパスを使ったカウンター攻撃やドリブルでディフェンダーを何人もかわしてからのシュートにワクワクする。ウラへの縦パスもいい感じだね。

 ちまちまとパスをつないで、例えゴールが決まっても、ワクワク感はあまりない。パスがつながるか、相手にとられるのではないかとヒヤヒヤする。ワクワクからの爽快なシュートではなく、ヒヤヒヤからの「あ、入った」という唐突感になってしまい、うれしさはワンテンポ遅れる。

 それでももちろんゴールが決まればいいわけだが、今回の日本はパスもつながらず。

 カウンターもない、ドリブルもないとわかっていれば相手も守りやすいのではなかろうかね。

 「日本のサッカー」って何なのかよくわからない。表現にこだわるよりはまずは勝つサッカー、そしてワクワクするサッカーをしてほしいものだ。

 同じ唐突感ならミドルやロングのシュートの方が好きだなあ。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ