« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月21日 (土)

おぼえがきっ!No.3

 私は臭いんです、と告白してるようなものだ。やたらと香りをつけて歩き回るということは。この香りがないと私は臭いんです。ですから不快でしょうが、この柔軟剤や香水の香りを我慢してください。もしこの香りがなければ、もし私の臭いを直接かいでしまったら、不快どころの騒ぎでは済まないのですから。

 自分にとって快適だと思うにおいも、自分にも有害であるし、他人にも有害である。つまり公害である。においに何が含まれているか知ってるか? くさいやつらめ。

 私はそれほど臭くないわよ! と言うのなら香りつきの柔軟剤やらキツイ香水のの類はやめた方が身のためだ。

 おっと覚書だった。

 『柔軟剤のにおいで「体調不良」 数年で相談急増』
2013年9月20日(金)16時40分配信 J-CASTニュース
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-184351/1.htm

『   洗濯時に使う柔軟仕上げ剤のにおいで体調不良を訴える相談が急増していると、国民生活センターが2013年9月19日に発表した。

   「柔軟剤のにおい」に関する相談件数は08年度には14件だったが、12年度には65件まで急増した。65件のうち41件は体調不良を訴える内容で、「柔軟仕上げ剤を使ったら、せきがとまらなくなった」「隣人の洗濯物のにおいがきつくて頭痛や吐き気がする」といった相談が寄せられている。

   柔軟剤は、香りの強い海外製品が2000年代後半にブームになり、以降、国内メーカーからも芳香性にこだわった商品が展開されている。国民生活センターでは相談増加を受け、「自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあるということを認識しておきましょう」と消費者に呼びかけている。』

おぼえがきっ!No.2

 都合の悪い奴は、でっち上げで逮捕に限るらしい。

 どうなることやら。

覚え書いておく。

『みのもんた次男逮捕に原発がらみの陰謀論?』
2013年9月17日(火)18時10分配信 ゆかしメディア
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yucasee-20130917-13651/1.htm

『 司会者みのもんたさん(69)の次男が窃盗未遂の疑いで警視庁に逮捕された件で、原発がらみの「陰謀論」ではないか、との見方が出ている。

 路上で泥酔していた男性のバッグを奪って、キャッシュカードを抜き出して東京・新橋のコンビニの自動引き落とし機でお金を引き出そうとして、窃盗未遂の疑いで逮捕されている。

 まず事件について「みのもんたの次男じゃなきゃ報道しないし(警察からの)発表もない」と全国紙デスク。さらに続けて「どうも男性のバッグを本当に奪ったのかどうかハッキリしないようだし、わざわざ人のカードを無断で使うほど金にも困っていないだろうし…。また、陰謀論とか言い出す人も出始めるのかもしれないけど」とする。

 しかも知人が見ているかもしれない会社の近くで犯行を行ったり、供述では犯行を否認したり、いまだに謎が多く残る事件ではある。案の定、陰謀論が早くもインターネット上では出ているのだが、もうひとつ偶然にもある出来事とタイミングが重なるからではないか。

 文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」では、10月(月内のいずれかの土、日曜日)に福島第一原発4号機の建屋内に入る取材許可を得たために、行ってくると語っていたのだった。

 知ってのとおり、4号機には、使用済み核燃料棒1533体がプール内に置かれ冷却されている。原子炉1~6号機の中で事故発生当初から最も懸念されていた炉であった。現在は補強がなされたが、当初は建屋が傾いており、海外メディアからも最も厳しい報道が相次いだのが、この4号機だった。

 みのさんはラジオで「(東電が)「危険だからダメ」だというけど、目で見たものをレポートさせてくれと頼み込んだら、いいですということになったので、行ってみてきますよ。10月の土日にスケジュールが一番良い時に」と語っていた。

 他にも「オリンピックには6000億円使えても、汚染水の処理には470億円? どう感じますか」と発言したり、「朝ズバッ!」の中でも東電役員が出演した際にも厳しく迫ったり、参院選前の各政党の討論会でも、司会者という中立の立場を忘れて反原発寄りの番組進行をしたり、明らかに主張は反・脱原発だった。

 昨年、週刊東洋経済が東電の特集「東京電力 偽りの延命」を行った後に編集長が、山手線の列車内で酒に酔って女性の体を触ったとして、ちかんの疑いで逮捕されている。

 この編集長をよく知るという人物は「●●君はよく知っているが、酒も飲まないし、そんなことあるはずがない。会社としてもそれはわかっているだろうから、会社は彼をサポートしていくと聞いている」と当時話していた。

 今年に入ってからは、山本太郎参院議員が、離婚、隠し子とネガティブな出来事が続出し「計り知れない大きな力が働いていることをハッキリ感じる」とも述べている。

 みのさんの場合にしても真相はわからないが、次男の事件があまりにも不可解な点と、4号機の取材の直前というタイミングが、世間から「陰謀論」という疑惑の目を向けられるきっかけとなっていることだけは間違いないだろう。』

2013年9月20日 (金)

おぼえがきっ!

 基本的にオオコシの姿勢は茶坊主あるいはタイコモチで、時の政権をヨイショ。それ、ヨイショ!

 人々から集めたお金で仕事をさせてもらっておまんま食わせてもらってるのに、仕事上の経験を本にして金儲けという立派なタイコモチ。ひょっとして印税は被災地に寄付してる? ネットで検索してみたが寄付している様子はないなあ。

 おっと覚書だった。

『参院選直前のNHKニュース 安倍政権の顔色うかがう?“不自然な報道”』
(GALAC 2013年10月号掲載) 2013年9月17日(火)配信
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/galac-20130917-01/1.htm

『■なぜ公示日2日前に「非公式な協議」を放映?

 参院選が公示される2日前の7月2日。NHK「ニュースウオッチ9」は、6月にイギリスで行われたG8サミットについて「NHKが独自に入手した映像」を放映した。安倍首相とオバマ大統領との「非公式な話し合い」の映像で、音声はなく、安倍首相が歩きながらや立ち話でオバマ大統領と何やら話し合っている映像が長々と放映された。

 イギリスでのG8サミットに関しては、これまでのサミットで当然のように前後に開かれてきた公式な日米首脳会談が実現しなかった。恒例の公式首脳会談が開かれなかった理由は、日本側が切望していたものの、アメリカ側が安倍首相の歴史認識発言で不信感を抱いた、とか、日本と微妙な関係にある中国政府に配慮した、などさまざまな憶測が飛んだ。公式会談が開かれなかったことは野党が首相を攻撃する材料にもなった。

 この夜の「ニュースウオッチ9」で大越健介キャスターは、「公式な首脳会談は行われませんでしたが、安倍総理大臣がオバマ大統領と突っ込んだ意見交換を行う様子が映し出されています」と映像を紹介した。

 首脳2人が立ち話する無音の映像に合わせて、解説のナレーションが入る。最重要課題のひとつである尖閣諸島問題について、安倍首相が「中国の要求には応じられない」と発言したとみられると説明する。安倍首相は中国への対応についてオバマ大統領とこれまで電話会談でやりとりしていたが、今回、顔をつきあわせて改めて意思を伝えた、などのコメントが入った。

 帰国後、公式の首脳会談がなかったことを国会で野田前首相が批判する映像も使いながら、安倍首相の「オバマ大統領とは強い信頼の絆で結ばれており、会談の長さや形式にかかわらず十分な意思疎通ができる関係」だという答弁が強調された。

 VTRの後に大越キャスターは「公式な会談を行わなかったことで野党側は厳しく批判しています。一方で、安倍総理大臣は十分に意思疎通はできていると反論していました」と両論併記で伝えた。

 問題の入手映像は報道陣が入れない会議場内の映像なので、撮影したのは首相官邸か外務省のスタッフ以外にありえない。 NHKは、同行した官僚か、官房長官、官房副長官ら政治家から手渡されたはずだ。「独自に入手」は政権によるリークだったのだ。

 締めコメントで「2人の表情を含めて真剣なやりとりの様子が伝わってきたのは初めてです」と胸を張った大越キャスター。正式な首脳会談はなかったにせよ、首相は見えないところで真剣に仕事をしていました、と言わんばかりだ。 政権の「言い訳」をNHKニュースで代弁する形は「権力に利用された報道」の典型だ。

 しかも放送されたのは選挙公示日のわずか2日前。公式会談がなかったことへの野党の批判に対して、首相の言い分をアピールする報道になった。表現も「真剣なやりとり」「突っ込んだ意見交換」と肯定的な形で伝えていた。

 だが、外交的にみれば、非公式会談はあくまで非公式にすぎず、国家間の文書記録にも残る公式会談の重みとは比べものにならないことは報道記者なら承知しているはず。そんな非公式の話をことさらに肯定評価したのには、何らかの「意図」が働かなかったのか。

 なぜ、このタイミングで放送したのか。政権がこの映像をリークした思惑は想像できる。しかし、やすやすとそれに乗るテレビ報道でよいのか。そんな危うさを理解できないはずはないのに、大越健介キャスターが平然とした表情で伝える様子にも驚いた。

■「ねじれを解消するかが争点」とニュースで強調

 参議院選挙の公示から投票日までの選挙期間中、NHKのニュースがスタジオのリード文で多用したのが「ねじれが解消されるかが焦点」というフレーズだ。たとえば、投票前日の7月20日(土)の「おはよう日本」。キャスターによるリード文は「第23回参議院選挙は、自民・公明両党が参議院でも過半数を獲得し、衆参のねじれが解消されるのかを焦点に明日投票日を迎えます」。見ている側は「ねじれが解消されるか」と言われると、「解消されるのがあるべき方向性」だと理解するのが大方だろう。こうしたフレーズは、視聴者を誘導することにつながりかねない。

 新聞ではミスリードをしないように「ねじれ解消が争点」などという見出しは避けた社があった。一方、NHKではこうした配慮は働かなかったのか。むしろ政権の意思をおもんぱかった意識的なものだったのか。

 投票日前の平日としては最後となった7月19日(金)。民放各局は夕方と夜のニュースで参議院選挙について報道していたが、NHKは「ニュース7」でも「ニュースウオッチ9」でも参議院選挙に触れなかった。スポーツも芸能ネタも入れているのに選挙にはまったく触れない。報道した民放との対比は著しい。

 参議院選挙の結果として「ねじれ」は解消され、安倍政権の思惑どおり、衆参での与党の安定多数が成立した。だが、NHKのニュースにはこれまで触れたような不自然な点、疑問な点が存在する。同じテレビ報道の経験者としては、組織的に意図した放送だったなどとは考えたくない。だが、何らかの「気づかい」が作用したという事情はないのか。釈然としないものが残る。NHKはこうした報道で問題がなかったのかを検証し、可能な限り経緯を公開すべきだ。「独自に入手した映像」についても。

 政治に関する限り、NHKのニュースは公正・中立を装いつつ、背後になんらかの意図を感じることがたまにある。視聴者はよくよく注意しながら見たほうがよい。

みずしま・ひろあき 法政大学社会学部教授(テレビ報道論)。元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター兼解説委員、札幌テレビ・ロンドン特派員、ベルリン特派員。』

2013年9月17日 (火)

花を贈る

 「いいとも」のテレフォンショッキングに山崎まさよしが出ていた。

 いろいろな人が花を贈っていた。

 そのうちの一人が三宅伸治だった。

 タモリは紹介しなかったけど、タモリの真後ろに飾られていたので、何度も画面に映し出された。

 ・・・・・・

 清志郎が旅立つ数日前、誰がテレフォンに出演していたんだっけか忘れたけど、清志郎からの花が届いていたように記憶している。

・・・・・・・

義理堅い人たちだ。

2013年9月15日 (日)

ちょいといい感じ

 先日、バスに乗ってしばらくすると母親と男の子の会話が聞こえた。

男の子「こないだスリッパ買ってくれてありがとう」
母親「どういたしまして」

 アタシは母子の姿が見える位置にはいなかったが男の子はたぶん小学校にも行っていないくらいの歳だろうと声の感じから想像した。

 なんと礼儀正しい子だろうか。

 そのあとも会話していたのだろうが気に留めてなかったので内容は耳に入ってこなかった。

 終点が近づき、再び母子の会話が聞こえてきた。

母親「今日、お弁当食べる?」
男の子「食べる。コロッケも食べる」
母親「ご飯は?」
男の子「食べる」
母親「じゃあ、お母さんのを分けてあげようか」
男の子「うん。お母さんは優しいね」
母親「そんなことないよ。普通だよ」
男の子「お母さんは普通で、かわいいね」
母親「…そんなことないよ。普通だよ」
男の子「お母さんは…、お母さんは…」

 ここでバスは終点に到着。

 降りてからアタシは母子をちらりと見てしまった。男の子はやはり4歳前後だろうな、と思った。お母さんは、ちょっと難しいかな。確かにかわいい感じではなかった。でも優しそうだったな。男の子は幸せだろうな、幸せに育っていくんだろうな、と思ったよ。

2013年9月 2日 (月)

ネタ切れ

 清志郎に関連したことを毎月2日に書いてきたわけだが、そろそろ限界か。そもそも結構好きだが熱烈なファン活動をしてきたわけではないから、思い出話がたくさんあるわけでもないし、いろいろなエピソードを知っているわけでもない。だからといってもう書かないと宣言するのも変なので、まあ、今後は気が向いたとき、何かネタができたときに不定期で書いていこうかなと思っている。

・・・・・

 清志郎が旅立ったことをきっかけにいくつかのブログにアクセスするようになったわけだけど、直後には清志郎のことで盛り上がっていたそれらのブログでも、最近は清志郎のネタを見かけない。アタシがアクセスする回数も激減した。

・・・・・

 このところは清志郎をほとんど聴いていない。夏ということもあり『忙しすぎたから』は聴いている。清志郎はバックボーカルなのだけど、これがいい感じ。『サヨナラCOLOR』でもすてきなバックボーカルを披露していたと記憶している。清志郎がバックボーカルを務めた曲を集めたアルバムを出してほしいな、なんて思ったりもしている。

・・・・・

 ネタ切れは感じていたので『瀕死の双六問屋』で清志郎が紹介していたいろいろなアーティストのアルバムを聴いてアタシなりの感想を書いていこうかと思って2枚ほど適当に選んで聴いてみたのだけど(正確に言うと各曲の頭だけを飛ばし聴き)、アタシの趣味ではなかった。じっくりと2度、3度聴けば好きになるという類の歌もあることは承知しているが、そうする気にはならなかった。それでこの計画はオシマイ。

・・・・・

 清志郎の歌をもう聴かないということはありない。清志郎の気分になれば、また清志郎だけをガンガン聴き続けることになるだろう。清志郎の歌が好きなことは変わらない。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ