« 桜咲く | トップページ | キンモクセイ »

2012年10月12日 (金)

最近の文庫本

本屋に行く回数が減ったように思う。

少し前まで、文庫本くらいは
ちょくちょく買ってたんだけど。

最近は買う気がしないな。

一番大きな理由は、読みたいと思う文庫本が
見つからないことかな。

それにこのところ文庫本も高くなった。

新しい本で厚みもあるならある程度しかたない
と思うのだが。

昔の作家で、定番とも言えるような本で、
ずっと安かったようなものまで、
カバーを付け替えるだけで、
値段をかなり上げている。

もう1つ。
本屋に並べられた文庫本の表紙を眺めると、
文庫本売り場なのか、コミック本売り場なのか
わからないようになってしまっている。

文庫本の表紙がかなりの割合でコミック調の
イラストになっているのだ。

数年前にどこかの出版社が定番の文庫本の表紙を
コミック調にし始めたように記憶しているけど、
売上が上がったのかな。
それで他の出版社も右に倣えになったのかな。

アタシ的にはコミックはコミックで結構だし、
軽く見るつもりもないけど、
カテゴリー的には別のものだし、
なんでもかんでもコミックというのは
好きになれないなあ、と思ってるであった。

コミック調に囲まれると居心地が悪いのだよ。

年齢的なもんかしれないけど。

・・・・・・・

文庫本でもあれこれ買ってるとすぐに棚が
いっぱいになってしまう。

買った本はなんとなく保有していたい気もする
から売ったり、処分したりしないし。

困ったもんだなあと思っていたので。

なるべく買わないようにする良い機会かも、
なんて考えているのであった。

図書館も便利な場所にあるしね。

・・・・・・・

そんなわけで出版社の値上げ作戦の期待からは
外れさせていただく。

« 桜咲く | トップページ | キンモクセイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ