« 今年初のセミの鳴き声 | トップページ | 夏の清志郎 »

2012年7月29日 (日)

NHKのアナを見ていられない

オリンピックが始まった。

だが、NHKのアナが
下手だ。下手すぎる。
プロじゃない。

週末のスポーツニュースを担当している男性アナ、
前から下手だなあと思っていたのである。

スポーツに関する知識を持っていなさそうだし、
スポーツが好きという感じもない。
(好きならある程度の知識は持っているだろう)

そのうえしゃべりも下手だ。進行も下手だ。
妙な間ができる。

そのアナがオリンピックを担当している。
(週末だけかな?)

残念至極。

もちろん
インタビューとか話を聞くのも下手なのだ。

話を聞かれる側が困っていることも少なくない。

スポーツニュースの面白さの1つは、
選手や解説者から何を聞きだすか
というところにあると思うのだが。

知識も興味もないようなアナウンサーには
何も聞き出せやしないのだ。

たまたま選手が面白いことを自ら言ってくれても
それを広げることもできないし。

NHKのアナウンサーはたいていインタビューが
下手だ。
うまいアナを見たことがない。

昔、ヤクルトが優勝したとき、
多くの選手がそろってNHKに呼ばれたのだが。

インタビュアーは有働アナだったのだが。

ほとんど何もしゃべらなかったな。

あまりにも酷かったので忘れられない。

あと夜9時のスポーツニュースも
なんだろうかね。

スポーツ担当女子アナは、視聴者に対して
しゃべっているというよりも、
大越に対して説明しているというか、
なんだか媚びてる感じがする。

大越というのは男性のメインキャスターだ。

大越は偏向発言が多いし。

よく一般企業では、仕事ができるからといって
出世するとは限らない、なんていうが、
NHKも能力はさておき、上司へのゴマスリが
担当番組をゲットする方法なのかもな。

« 今年初のセミの鳴き声 | トップページ | 夏の清志郎 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ