« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月19日 (月)

知らぬが仏

最近では、
放射性物質の恐ろしさを
知らないで、
危険な場所に行ったり、
危ない食べ物を口にして、
仏さんになってしまうことを言うらしい。

2011年9月17日 (土)

猫が

たいへんなことになってしまって
そのことで気持ちが
いっぱいになっていたのだけど、
もうすぐ元気になりそうだ。

2011年9月 2日 (金)

『GOOD BYE EMI』とか

『地味変』を見ると
『長年在籍した東芝EMIを離れるにあたり、清志郎自身が選曲したベスト盤。 』
とある。
発売日は1998.3.25 。

収録曲は
1.マーマレード・ソング/2.マイティー・マイ・ラブ/3.世界中の人に自慢したいよ/4.あの娘が結婚してしまう パート2/5.お弁当箱/6.ラッキー・ボーイ/7.世間知らず/8.CHILDREN'S FACE/9.善良な市民/10.はたらく人々/11.日本の人/12.満月の夜/13.いくじなし(Bye-Bye)/14.Good Lovin'/15.IDEA

知ってる曲、知らない曲、忘れてた曲がいろいろ。

清志郎は95年から96年にナッシュビル録音の
シングル3枚シリーズ(計6曲)というのを出して
いるようなのだが、そのうち4曲が含まれている。

3枚シリーズは
1枚目:1.君にだけわかる言葉/2.ダーリン
2枚目:1.Good Lovin'/2.マイティ・マイ・ラブ
3枚目:1.世界中の人に自慢したいよ/2.マーマレードソング
なので、1枚目を除きすべて収録している。
『ダーリン』は知らないのでなんともいえないが、
この中では、アタシは『君にだけわかる言葉』が
いちばん好きなのではある。
収録されていない。がっかり。
なぜ清志郎は選ばなかったんだろう。

『マーマレード・ソング』と『マイティー・マイ
・ラブ』は今回初めて聴いたのだが、良い。

つまりはシングル3枚シリーズは全部良いのだろう。

清志郎の作品の中でもアメリカで録音されたものは
特にイイ感じな気がする。
『Memphis』も『夢助』も『Baby#1』も。
イギリス録音も好きだけど。

清志郎の歌声と女性コーラスはとても合うと思う
のだが、国内録音の作品では少ない気がする。
知らないだけかな。
金子マリとかスクリーミング・レビューは
覚えてるけど。

『CHILDREN'S FACE』と『IDEA』は聴いたことある
気はしたのだが忘れていた。LPレコードでしか
持っていないので、長らく聴いていなかったのだ。
『CHILDREN'S FACE』は毒を含んだ歌い方がナイス。

とても気に入ったのは『はたらく人々』。
歌詞がとてもいいなあ。
日本人必聴の1曲だ。

このアルバムについては、
また書くかもしれない。
書かないかもしれない。

P.S.
『君にだけわかる言葉』のスタジオ録音バージョン
を発売して!

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ