« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月24日 (木)

くじけない3―生まれ変わり

言うまでもなく人が死んでしまうのはつらい。
まったくの他人であっても心が痛むわけで。

それが家族だったり、親しい人であれば、
慰める言葉などないだろう。

ただ「生まれ変わり」を信じてみれば、
ほんのいくらかでも気持ちは楽になる
かもしれない。

「人間は生まれ変わるのだ」、
「生まれ変わって、また会えるのだ」

(何か宗教をお勧めしようという気はない。)

アタシはずいぶん昔だが、東南アジアの島に
しばらく滞在していた。

そこでお葬式を体験した。
毎日一緒におしゃべりをしたり、
ゲームをしたり、街へ買い物に行ったりと、
仲良くしていたこの島の10代半ばの女の子が
交通事故で亡くなったのだ。

即死ではなかったが、意識はなく
ご家族も10日ほど
あらゆる手を尽くされたのだが、
残念な結果となった。

心臓は動いており、脳死の判定だった。
生きている=心臓が動いている
という受け止め方をしていたアタシには
ほんとうにつらいことだった。

ご家族は当然悲しまれたわけだが、
仏教徒の彼らは
「生まれ変わり」を信じており、
いちばん泣いていたのはアタシだった。
家族がひいてしまうほど、
アタシの涙は止まらなかった。

「大丈夫、すぐに生まれ変わってくるから」
と逆にアタシは励まされてしまっていた。

1年後、アタシは再度その島を訪れた。

家族の家を訪ねたアタシは
「生まれ変わり」を紹介された。
亡くなった彼女の姪にあたる
赤ちゃんだった。

「ほくろが同じ場所にあるのよ」
その「生まれ変わり」の
おばあちゃん、つまり亡くなった彼女の
母親が笑顔で教えてくれた。

2011年3月23日 (水)

くじけない2

このところ『レインボー・カフェ』
を続けて聞いている。

清志郎のバンドLittle Screaming Revue
のセカンド・アルバムだ。

『ギビツミ』の歌詞が心に響く。
なんだか東北への思いが重なる。

「星に願いを この世界に愛を
 僕は祈るよ 君の幸を」

アタシも祈ってるぜ。

「Woh woh 僕らは与えあった
 Woh woh 夜毎に震えてた」

なんだか被災地の人の言葉みたいではないか。

「君の笑顔 もう一度
 Give It To Me  僕に遅れよ」

アタシも見たい、君たちの笑顔。

2011年3月21日 (月)

清志郎の気持ちを受け継いでいるのは

三宅伸治か。
彼の行動力、寄せられたコメント、すばらしい。

「一緒に」
http://ameblo.jp/miyake-shinji/entry-10833702971.html

レコーディング、参加したかったな。

くじけない

人からの励ましの言葉や名言、元気が出る歌って
内容も大事だけど、タイミングも重要。

だからいつでも、誰にでも有効となる言葉や歌は
ないのかもしれない。

なので、とりあえず、自分に向けて。

前にも書いたけど、
清志郎が歌う『サンシャインラブ』
(アルバム「Rainbow Cafe」by Little Screaming Revue)
より、ラップ部分を引用。

「タトエバ冷タイ雨ニ 打チヒシガレテ
 モガイテ 地面ニ叩キツケラレテ
 ソコデ弱音ヲ吐くなら(Hey)

 マッタク ヨクアル話デ
 イタダケナイ タタケナイ
 天国ノ扉 タタケナイ
 モットモット サンシャインラブ
 モット サンシャイン
 サンシャイン ラブ」

清志郎はRC時代に『上を向いて歩こう』
も歌っていた。坂本九バージョンが缶コーヒーの
CMに使用されていたけど。

上を向くことは意外と大事だ。
悲しいと、ネガティブになると、
うつむいてしまうことが多いだろう。

気持ちが上向いているとき、顔は下を向いていないはず。
だから逆に上を向けば気持ちにも影響が出る。
いくらかは明るくなるはず。

上を向いて、大きな声で、悲しい歌を歌うことは
難しいと思うのだ。

上を向いて、歩きながら、大きな声でも出せば、
ちょっとマシな気分になれる。

2011年3月20日 (日)

台湾から21億円

「台湾でチャリティー番組 寄付4時間で21億円 」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/232573

うれしいねぇ。
アタシは忘れないよ。

2011年3月19日 (土)

いちばん欲しいもの

物資も燃料も水も必要だけど。
いちばん欲しいのは、

安心じゃないだろうか。

放射能の影響はない、とか、
もう余震の可能性は少ない、とか、
確かにつらい状況に置かれているけど、
まもなく政府や他の人々が助けてくれる、とか。

余震はどうにもできないかもしれないけど、
まだ人にできることはある気がする。

2011年3月15日 (火)

金を集めろJリーグ

試合をやって、金を集めればいいのに。
有名人はどんどん活動して、
金を集めればいいのに。

2011年3月 8日 (火)

おまわりさんの自転車

先日バスに乗って出かけた。
信号待ちで停車したバスから交番が見えた。

なんか変な感じがした。
何が変なのかすぐにはわからなかった。

交番の前におまわりさんが乗る白い自転車が
3台置いてあったのだが、内2台がいわゆる
「ママちゃり」だったのだ。

白塗りのママちゃり。

制服のおまわりさんが白いママちゃりで犯人を
追っかけていく姿を想像してみる。

ママちゃりで速く走れるのだろうか。

などという一般人の余計な心配を
あざ笑うかのように、
白いママちゃりには電動アシストが搭載され
ていた。

坂が多い街でもないのだが、
最近のおまわりさんは電動アシストがなければ
職務遂行できないほどヒヨワなのかしらね。

それとも、廃棄される自転車を
リサイクルしてるのかしらん?
税金使って電動アシストはないよね。

・・・

買い物を済ませての帰り道、
バスはまた、交番の前で止まった。

例の自転車はそのまま置かれていた。

そして少し離れたところには、
白バイ?
白塗りの原付スクーターが置いてあった。
POLICE と書いてあるから、
白バイなのだろう。
いや、白クーターか?

最近のおまわりさんは、
いろんな乗り物に乗るのね。

2011年3月 7日 (月)

忌野清志郎&THE 2・3'S(ニーサンズ)とか(その3)

2・3'S のファースト・アルバム
「GO GO 2・3’S」を聴いてみた。

とても不思議な感じがした。

2・3'S はあまり評判が良くなかったという。

セカンド・アルバム「Music From POWER HOUSE 」を
先日初めて聴いてステキなアルバムだったので、
評価されなかった理由はファースト・アルバムに
あるのだろうと推測していたわけだが。

このファースト・アルバム「GO GO 2・3’S」
も良いではないか。

曲目は、
1.Let’s Go(IKOHZE)/2.あの娘の神様/3.いくじなし(Bye-Bye)/4.お兄さんの歌/5.インディアン・サマー/6.75日(75days)/7.いつか観た映画みたいに/8.芸術家/9.あの娘が結婚してしまうPART2/10.現場処理の男/11.素敵なエンドーさん/12.ハッピーバースデー/13.NEWSを知りたい/14.ぶっちゃけた恋 

とたっぷり14曲。
アタシのボキャブラリーの乏しさが露呈するだけ
なので、今回は1曲ずつ感想を書くことはしないけど。

正直「名曲」はないかもしれないが、
「良い歌」がそろってる気がする。

アタシが好かない曲は「現場処理の男」だけ。

例えばセカンド・アルバム
「Music From POWER HOUSE 」からシングルカット
すれば売れるのでは? と思える曲は、
(アタシが選ぶなら)
「プライベート」「お弁当箱」「アイドル」
「この愛が可愛そう」
そして、「死にたくなる」と12曲中5曲。

それに対して
「GO GO 2・3’S」からは、
「ぶっちゃけた恋」くらいかなあ。

でも、シングルにはふさわしくないかもしれない
けど、「なんだか良い歌」ばかりなのだ。

清志郎のHP「地味変」に書かれている
アルバム「GO GO 2・3’S」の紹介文。
「ディープ&バイツの山川のりお、現HIGH-LOWSの大島賢治ら、若いメンバーと結成した新バンドの、明るく自由な雰囲気の1stアルバム。」

まったくもって「明るく自由な雰囲気」
なのである。

みんな、聴けばいいのに。

意味深な歌詞もグッドだし。

ここにも確かに清志郎はいるよ。

ちなみに
実際にシングルとして発売された2・3’S
の曲は、
◎ パパの手の歌 
  1.パパの手の歌/2.カラスカラス

◎ いつか観た映画みたいに 
武田鉄矢監督映画「プロゴルファー織部金次郎」主題歌。B面はニュース23のエンディングテーマ。
  1.いつか観た映画みたいに/2.ニュースを知りたい

◎ お兄さんの歌
TV番組主題歌となったために、シングル化。
1.お兄さんの歌/2.あの娘の神様 

◎ プライベート
アルバムと同時発売。アルバム収録曲とは別バージョン。
  1.プライベート/2.恩赦

の4点らしい。
(各シングルの紹介文は「地味変」より)

2011年3月 3日 (木)

忌野清志郎&THE 2・3'S (ニーサンズ)とか(その2)

アルバム「Music From POWER HOUSE 」が
届いた。

収録曲を見て、もう1曲知ってる歌があった。
「メルト・ダウン」

昨年発売された「BABY #1」にも入っていたからね。

このアルバムに対する期待がますます高まった。

さて、各曲の感想を少しずつ。

1.FUCK YOU
 1曲目はガツンと力の入ったアップテンポ
 だろうという勝手な思い込みはハズレ。
 静かなイントロ、静かな曲調。
 シンプルな歌詞がストレートに入ってくる。
  勝手な思い込みにfuck you !

2.北風
 2曲目もおとなしめの曲。
 ちょっとグループサウンズ風かな。

3.プライベート
 イントロから迫力のあるガツンとくる
 ロックンロール。

4.お弁当箱
 ライブアルバム「GLAD ALL OVER」で
 初めて聴いて気に入った曲だ。
 「GLAD ALL OVER」より哀愁感を意識的に
 抑えている感じ。
 こちらもなかなかグッド。

5.君といた頃
 アルバムの中の1曲という印象。

6.手紙のうた
 すべて清志郎が歌っていると思い込んでたので
 ちょっと驚いたが、山川のりを がボーカル。
 嫌いじゃないなあ。この歌は山川が作詞作曲。
 山川と清志郎の共作である「お弁当箱」と
 共通して感じられる哀愁感が好きだ。

7.善良な市民
 出だしのあたりはヤクルトのCM で使われて
 いたRCの某曲を連想させる(たしかヤクルト
 だったと思うが)。
 歌詞がナイス。

8.アイドル
 軽快なロックンロール。
 「プライベート」も「この愛が可愛そう」
 もそうだけど、
 RC 時代とは違う魅力を感じるので、
 他のメンバーとの共作かと思っていたのだけど
 どれもクレジットでは清志郎ひとりによる
 作品になっている。

9.NERVOUS
 こんどは中曽根章友が作、ボーカル。
 シンプル。ちょっと清志郎のテイストが
 感じられる歌詞がなかなか良い。

10.メルト・ダウン
 スローでヘビーな名曲。
 「BABY #1」バージョンと聴き比べてみたい。

11.この愛が可愛そう
 ギターが印象的。哀愁漂うミディアムテンポの
 ステキな歌。
  一度聴いたら忘れられない。

12.死にたくなる
 子どもたちはこの歌を朝礼で歌うべきだ。
 いやいやNHKの「みんなの歌」にするべきか。
 駅のホームで流してもいいかもしれない。
 レゲエの楽しいリズムにのせて、いい事
 言ってる。

いいアルバムだと思うが、
売れなかったのかなあ?

清志郎好きなら聴いてみればいいのに、
と思う。

聴かなきゃ、もったいない。

次はファースト・アルバムを聴いてみよう。

2011年3月 2日 (水)

THE 2・3'S あるいは間寛平

先月に続いて、2月、3月ということで、
軽いダジャレ的に2・3'S のことを書こうと
考えていたのだが。
アルバム「Music From POWER HOUSE 」が
さまざまな事情で手元に届いていないので、
また、別の機会にしようと。

そこで、別の話題。
ちょっと過去の情報になってしまったが、
「アースマラソン」を完走した寛平ちゃんが
清志郎の墓参りに行ったという話。
http://www.sanspo.com/geino/news/110214/gnf1102141136002-n1.htm

寛平ちゃんには悪いが、「アースマラソン」
は少ししかフォローしていなかった。
それでも大変だったことは知っている。

そんな大変だった寛平ちゃんが、
帰国直前に受けたインタビューで、
「帰国したら最初にしたいことは何ですか?」
と聞かれ、
芸人にもかかわらず、
「清志郎さんの墓参りに行きたい」
とまじめに即答しているのを見た。

イイヤツだなあ、と思ったのだけど、
ほんとに行くのかな? 
というちょっとした疑いも持ってしまっていた。
帰国後の寛平ちゃんはいきなりフルモードで
テレビに出まくっていたし。
墓参りに行く時間ないんじゃないの?
だから行けないんじゃないの?
なんて思っていたら、
『寛平、清志郎さんの墓前で「帰ってきました」』
という記事を見つけたという次第。
(疑って悪かったぜ)

風邪をひいていたのに行った模様。
また、墓参りに行くと言っている。

ほんとにイイヤツだ。

多くの人たちが行けばいいのに。
ステキな場所にあるんだぜ!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ