« 古田はやめてね。 | トップページ | 清志郎+サンディー& »

2010年5月29日 (土)

『EXILE ON MAIN ST.』

カッコよいなあ。
シビレるなあ。

結局CD2枚の【デラックス・エディション】
を購入。

DVDは関連したものが後日発売される
という話しもあるらしいし。

音は、驚くほどではないかもしれないけど、
確かに違いがあるような気がする。

1つ1つの楽器がくっきりしてるし、
音の深み、広がりが感じられる
(気がする)。

音がちょっと優しくなってるような、
ソフトというかマイルドというか、
そんな気もする。
(かといってハードな曲がヤワになってるわけ
ではない。)

そのせいか、
あまり気にかけてなかったCD1の
『11. タード・オン・ザ・ラン』が
いい感じに聴こえる。
好きになった。

期待していた<CD 2:ボーナス・トラック>
も期待以上だった。

強いて言えば『10. タイトル5』はどうして
わざわざ入れたのかしら、
という気もしなくはないが、他はすべて
カッコいい(ボキャブラリーが貧困だな)。

『4. フォローイング・ザ・リヴァー』
はステキなバラード、名曲だと思うんだけど。
『EXILE ON MAIN ST.』本編に収録するには、
ちょっと雰囲気が違ったのだろうが、なぜ今まで
日の目を見なかったのか不思議。

オルタネイト・テイクの4曲も本編収録曲とは
違う味わいで気に入った。
キースのボーカルも渋い。
『9. グッド・タイム・ウィメン(「ダイスをころがせ」オルタネイト・テイク)』
はオルタネイトかしらん?、ギターがちょっと
似てる部分があるだけではないかしらん?、
という疑問は残ったけど。

他の曲も良いし、こっちのCDだけ独立して
発売されていたとしても、購入して、
気に入っていただろう。

『EXILE ON MAIN ST.』のすべてが
好きだったわけではないけれど、
聴き直すことによって、
それぞれの良さがわかった。
ほんとうにすばらしいアルバムだと思う。

「ストーンズのコアはミックでも
キースでもなく、チャーリーだ」的な言葉を
ときどき目にしてきたが、
その意味もなんとなく理解できたような気もする。

« 古田はやめてね。 | トップページ | 清志郎+サンディー& »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ