« 4月2日 | トップページ | マルコム・マクラーレン⇒清志郎 »

2010年4月25日 (日)

Baby#1 ⇒ R.Stones

Baby#1をしばらく聴き続けたあと、ストーンズの
『LIES』と『LET IT BLEED』を聴きたくなった。

大雑把な連想だったのかもしれない。
Baby#1から、
ギターが絡み合う曲が聴きたくなった。
それで『LIES』。
スライド・ギターつながりで、
『LET IT BLEED』。

ギターが絡み合う曲なんて、きっと
いくらでもあるのだろうけど、
アタシは前から『LIES』のギターの絡み合いが
気に入っていたので、この曲がすぐに思い浮かんだ
のだろう。
曲調としてBaby#1につながる感じは皆無だけど。
『LIES』はギターだけ聴いていてもカッコイイ
と思っている。

『LET IT BLEED』もストーンズの好きな曲を
何曲か選んだら上位に入る。
昔から好きな曲だ。イントロ、そして後半の
スライド・ギターが圧巻。
だんだん盛り上がる感じも、ミックのちょっと
変わった歌い方も気に入っている。

そんなこんなでこのところはストーンズの
古い曲を聴き続けている。

情報を常に追いかけているわけではないので、
最新の状況には詳しくないわけだが、
昔のアルバムが、リマスターされて、
たくさん再発売されているようだ。

『IT'S ONLY ROCK 'N' ROLL』なんて、
ちょっとこもった音に味があるような気もするが、
リマスターされてどうなっちゃってるんだろうか。

近々『EXILE ON MAIN ST.』が再発されるらしい。
レコード会社(って今は言わないのかしら。
なんて言うべきなんだろう)のHPには、
宣伝文句として
「全ストーンズ・ファンの夢が実現!
 全盛期の未発表曲がついに登場!」
とあった。
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/rolling_stones/disco/uicy1480.html

全盛期!

レコード会社がすでに衰えを認めているような。
まあ、衰えているのは事実だろうけど。

このアルバムにも好きな曲が多かった気がして、
聴き直した。

スゴイ!
ギター2~3本(4本のもあるかな?)とピアノ、
ホーンが絶妙に絡み合って。
これはちょっといい音で聴いてみたい。

この頃のアルバムはピアノもいいねえ。

ドラムもかっこいいけど、
ベースはちょっとアタシにはわからない。

【スーパー・デラックス・エディション】
UICY-91557 (2CDA+2LP+DVD) \18,000(税込)\17,143(税抜)
初回限定 5,000セット

<同時発売>
【デラックス・エディション】
UICY-1478/9 (2CDA) \3,800(税込)\3,619(税抜)

【通常盤】
UICY-1480 (CDA) \2,200(税込)\2,095(税抜)

といろいろ発売されるらしい。
未発表音源にも興味はあるので、【通常盤】は
選択肢から外すとして。
DVDは見てみたいが、LPは収納に困るなあ。
どうしようか。

« 4月2日 | トップページ | マルコム・マクラーレン⇒清志郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ