« 仲井戸君のひっかかること | トップページ | Baby#1 + 文藝別冊 »

2010年3月 2日 (火)

清志郎 LIVE at SPACE SHOWER TV (DVD)

ようやくひと通り見ることができた。
全体の感想は「すばらしい」だ。
この充実した内容でこの価格は安い。
でも、もっと見たい。

思ったことを順を追って書いてみる。

まず「2・3’s 」。
このバンドのことはほとんど知らなかったの
だけど。
また、渋谷陽一がけなしていたらしいことは
知っていたのだけれど。
良かった。テクニック的にどうなのかは、
アタシにはわからないけが、好きだ。
3曲とも好き。
もっと見たいな。
「2・3’s 」だけのDVDを望む。

TIMERS
『デイ・ドリーム・ビリーバー』が
大好きである。歌詞、いいよな。
歌詞と清志郎の声がこのうえなく
マッチしている。

Screaming Revue
大所帯の方。これも好きだな。
バイオリンや女性コーラスが入ってるから、
他の清志郎とはちょっとイメージが違うかも
しれないけど。
金髪でおかっぱ風の清志郎がストーンズの
ブライアン・ジョーンズっぽくて、
カッコ良い。
『君にだけわかる言葉』が秀逸。

Little Screaming Revue
小所帯というか、バンドの方。
気になったのは3曲。

『上を向いて歩こう』:RCので聴きなれて
いるせいか、やや違和感。なんか各楽器の
音が多すぎる気が。まとまりがないというか。

『君が代』:この曲の意図がよくわからない、
と先月書いたけど、このDVDを見て自分なりに
ちょっとだけ理解できたような気がした。
もう1度聴こうとは思わないが。
パンク・バージョンなんて言われているけど、
違うと思う。ポイントは間奏のギターだろう。
パンクを主張するなら、あのおちょくったよう
なギターはありえないのでは? パンクで怒り
を表現したというよりは、「君が代」あるいは
「君が代」的なものをちょいとおちょくり
たかっただけではないか、と思えた。

『あこがれの北朝鮮』:これは、やっぱり
わからない。愛と平和を叫びたいだけのよう
にも思えたが。
それなら北朝鮮でなくとも良いのでは?

この3曲を除けばアタシは好きだ。
『君が代』と『あこがれの~』を歌っている
清志郎は、がんばって表情を作ってる感じが
したな。歌いたいのではなくて、義務感で
歌っているような。
間に歌われた『空がまた暗くなる』の表情は
自然だけど。

ラフィータフィー
このDVDの中で、清志郎がいちばん楽しそうに
見えるのは、ラフィータフィーの後半(武田
真治が出てる方)だ。少人数のバンドで、
小さな会場で、3人時代のRCの歌を歌って。
昔を思い出していたのか。
もしかしたら、ただ苦笑いをしていただけ
なのかもしれないけど、
アタシには楽しそうに映った。

LOVE JETS
期待してたのだが。短すぎるし。
モザイク入ってるし。
もっと見せてくれぇー。

nice middle with new blue day horns
後半(夜の野音)は圧巻だし、
観客の反応もすごい。
前半(昼の野音)は、なんだろう?
清志郎やバンドに問題があるようには
思えないのだけど、観客のノリが悪く…。
「キヨシロー!」という声援もないような。
なぜ、わざわざ収録したのかな。夜の野音の
方の曲数を増やした方が良くなかったか?

他にも特典映像やボーナス・トラック満載。
多摩蘭坂でアコギで1人で歌う『多摩蘭坂』
はたまらんねぇ。

それにしてもいろんなことをやってたんだな。
RCももちろん好きだけど、清志郎にとっても
解散して正解だったように感じた。

もっと、いろいろやりたかったんだろうな。

« 仲井戸君のひっかかること | トップページ | Baby#1 + 文藝別冊 »

忌野清志郎」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ