« ニコニコ通行人 | トップページ | 芸能レポーター>政治記者 »

2010年1月 2日 (土)

ミシンの歌 by 清志郎(『移民の歌』ではなく)

清志郎のお正月の歌といえば
『ダーリンミシン』。

単純に歌詞の中に『お正月』が出てくるから。

この歌のすごいところは、
ゴキゲンなR&Rナンバーなのに、
何を歌っているかといえば、
「ミシン」。
(もちろんメインテーマはラブ・ソングだけど)

アタシは、ロックに限らず、
他にミシンを歌った歌を知らない。

昔、『PLEASE』が発売されて、それほど月日が
たっていなかった頃、
アタシは短期語学留学でカリフォルニアの
小さな街の大学に行っていた。
先生のうちの1人は、ロックやポップスを使って
授業をしていた。聞き取りとかイディオムとかね。

その先生はロックが好きで、また、日本人の学生が
少なくなかったこともあってRCの存在を知っていた
し、好きだと言っていた。

アタシは日本の音楽をカセットテープに入れて、
渡米していたので、彼女(先生)に聞かせてあげた。

彼女は『トランジスタラジオ』は知っていたが、
『ダーリンミシン』は知らなかった。

「ミシンって何?」
と質問された。
「sewing machine」
とアタシは答えた。
「sewing machine の歌なの?」
「イエス」

彼女は怪訝な顔をした。

そんなことを思い出した。

「コールテン」、「果実酒」、「ストーブ」
なんて歌詞も、
今ではちょっと古くさいかもしれないけど、
なんとなく好き。
「♪ミシンを踏んでいる」だから
足踏みミシンだし。

幸せな「お正月」が目に浮かぶ。

« ニコニコ通行人 | トップページ | 芸能レポーター>政治記者 »

忌野清志郎」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ