« テレビのこと | トップページ | 清志郎、BLUE »

2009年10月27日 (火)

不思議な500円硬貨の話

「500円玉の更新基準緩和へ、数億円削減も?」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091027-OYT1T00035.htm
という記事が掲載されていた。

なんか不思議な気がした。
この記事によると
1.500円硬貨の偽造が大幅に減っている。
  (500円硬貨の偽造硬貨は、05年度に約1万4000枚が見つかった以降は激減し、08年度は約500枚だった。)

2.500円硬貨の偽造防止対策予算を段階的に削減する方向で検討に入った。

ということであり、ここだけ読むと、
数億円削減できたらいいね、
となるかしら?
と一瞬思ったが、
いやいや、ならないよな。

なんで偽造が大幅に減ったの?

偽造防止対策がうまくいったんじゃないの?

それをやめたらまた偽造が増えるんじゃないの?

そういえば某国の硬貨が500円硬貨として
使用されてしまうことがかつてはよくあったな。

誰かがほくそえんでいないかな?

« テレビのこと | トップページ | 清志郎、BLUE »

ニュース」カテゴリの記事

世の中」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ