« ロッテ、小宮山・高木 | トップページ | 清志郎、PLEASE その1 »

2009年9月30日 (水)

清志郎&ミック

ロッキングオンの『忌野清志郎1951-2009』(単行本)
に 清志郎とミック・ジャガーが並んで写っている
写真が掲載されている。

RCサクセションのライブには1度しか行ってない。
日比谷野音だった。

あたしはライブに行っても、詳細はすぐに忘れて
しまう。どの曲をやったとかね。誰が何て叫んで
いたとかね。

もちろんライブの間はとても楽しんでいる。

このときのライブで覚えているのは、Chaboが
ボーカルをとったあと、衣装を替えて再登場した
清志郎がこれ見よがしに(聴けよがし?)に
すごい声量で歌い出したことだ。

「俺がバンドのボーカルだぜ」って感じがした。

しばらくしてストーンズのライブに行った。
キースが歌ったあと、再登場したミックは
これ聴けよがしにすごい声量で歌った。

あたしはニヤリと笑ってしまった。
ボーカルの人って、そういうものなのかしら
と思った。

Chaboのボーカルもキースの歌も味があって
大好きだが、迫力という点では、清志郎や
ミックに軍配が上がるだろう。

まあ単純にChaboやキースが歌ってる間、
のどを休めていたわけだから、その分声が
出たということかもしれないけど。

写真に関するちょっといい話を見つけた。
http://mikioariga.jp/list/blog/1030/

« ロッテ、小宮山・高木 | トップページ | 清志郎、PLEASE その1 »

忌野清志郎」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ